平強の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

平強のプロフィール

平強、たいら・つよし。米国在住の日本人起業家、ベンチャーキャピタリスト。鹿児島県出身。日米の電子機器・半導体メーカーを経て、三洋電機の米国法人に20年間勤務し会長を務める。その後独立し、電子技術ベンチャー専門のベンチャーキャピタル、タザン・インターナショナルを設立。シリコンバレーでベンチャーキャピタリストとして活躍し、有望なベンチャー企業を発掘し支えた人物。

シリコンバレーでは、経営者が強力な指導力を発揮しなければ事業は成功しない。トップがビジョンと進むべき方向性を社員にはっきりと示せなかったら事業の成功は望めない。


企業経営は戦略を明確化し、目標に向かって徹底的に立ち向かうことが成功の秘訣。


古い秩序が崩壊し始めたことは、日本のビジネスマンにとって苦しみではありません。大企業にとらわれていた優秀な人材が世の中に出て自らの実力を問うチャンスの到来です。


日本には起業家がいないのではなく、大企業の中に眠っているだけです。とくにこの10年、日本の大企業を支えてきた中間管理職や、各部門のリーダーの働きを見てください。彼らの努力とエネルギーは米国のアントレプレナー(起業家)以上です。


企業の業績が伸びない中で、改革案を練り実践に移す。あるいは少なからずリスクの伴う新製品の開発を例にとってもいいでしょう。そういう役割を担った企業内のリーダーは、ものすごい圧力の中で仕事をしています。もし、そういう根性とバイタリティのある人材が、足の引っ張り合いや出る杭は打たれる環境から解放されたらどうでしょう。米国人のアントレプレナー(起業家)と互角以上に戦えると私は信じています。問題は彼らが大企業を捨てようとしないことです。


実力さえあれば、信用はいずれついてきます。私は独立して三洋電機という看板を失っても仕事がなくなるどころか、自由に決断できるようになって、逆にめまぐるしく仕事に追い回されています。


大企業には小さい企業にはないブランドとか看板があります。しかし、大企業の看板はそんなに大切でしょうか。大企業といっても所詮は小さな企業グループの集団にすぎません。しかも、ほとんどの事業が縦割りで横の連絡がないのが普通です。イメージや信用が看板によって得られるのは確かです。しかし、実際には事業を行っているのは、各事業グループの人びとであって看板ではありません。看板のメリットよりも、社内の手続きや説得に自分の労力の80%以上を割かなければならないデメリットの方がよっぽど大きい。


私の経験では、大企業の中で自分のやりたい仕事をやり通そうと思えば、社内の対策に80%を費やさなければなりません。残り20%しか本来の仕事に振り向けられないのです。


いまから4年前、三洋電機の米国子会社会長のポストを捨て独立すると言い出したら、同僚や上司から異口同音に諌められました。「50歳を過ぎて会社を飛び出したところで、三洋の看板がなくなれば明日から飯の食い上げだぞ。やめておけ」と。しかし、私はシリコンバレーに住み、そこでベンチャーキャピタルを設立しました。いまでは上場企業に成長した2社を含む8社の役員を務めるようになりました。日本によく知られた企業は残念ながらありませんが、投資した企業も大半が成功しています。


社内に抵抗勢力があれば成功の確率は下がる。私の経験から言えることだが、成功するスタートアップ企業のチームワークは強固で素晴らしい。経営陣のケミストリー(相性)がすごく良い。こうでないと成功はまずない。


文化の違いで商品の売れ筋が大きく変わる。また、独特な文化が外来からの市場参入に対する大きな壁となっている。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ