平康慶浩の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

平康慶浩のプロフィール

平康慶浩、ひらやす・よしひろ。日本の人事コンサルタント。大阪出身。早稲田大学大学院ファイナンス研究科でMBAを取得。アクセンチュア、日本総合研究所などを経て「セレクションアンドバリエーション」を設立。企業の人事制度構築やコンサルティングを行った。著書に『出世する人は人事評価を気にしない』『うっかり一生年収300万円の会社に入ってしまった君へ』『年収1000万になる方法知ってるんだが、なにか質問ある?』。

業務に没頭する一方で上司の仕事ぶりも観察しておく。アナログ的には一緒に飲みにいくなどして、早くから上の役職の意識を学んでおくといい。


オーナー系企業で出世する条件は、オーナー一族と家族ぐるみで付き合えるかどうか。中小企業では縁故で採用した人を、仕事ができるかどうかを問わず役員に取り立てる例も多い。役員にしてから、オーナー自らが育てるという考えです。


業種や個別の状況にもよりますが、大企業ではおおむね課長の手前までは目の前の仕事ができる人が出世します。小学校を卒業して中学校に入るような「卒業基準」です。でも部長や役員に進むには大学入試に合格するような「入学基準」が適用される。つまり、上の役職に見合う判断や組織運営の視点で登用されるのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ