平井伯昌の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

平井伯昌のプロフィール

平井伯昌、ひらい・のりまさ。日本の水泳指導者。東京出身。小学生時代に東京スイミングセンターで水泳を始める。早稲田大学社会科学部在学中、水泳選手からマネージャーに転向。卒業後、大手生命保険会社の内定を断り東京スイミングセンターに入社。北京オリンピックで水泳日本代表コーチを務めた。主な著書に『見抜く力』『世界でただ一人の君へ』など。日本水泳連盟競泳委員。

人の真似をするのではなく、真似されるような人間になれ。


ダメな状態を1日放っておけば、手当てが1日遅れる。問題が発生したらその場の対処が大事。


失敗時こそ、心の奥の声を掘り起こす作業が大切。


ベテランになるほど臆病になりやすく、自分を変えることは難しい。しかし、失敗した直後こそ、変化することを受け入れやすくなる。


自分の目で見たものだから納得できる。自分で考え、目で見てきたからこそ、信憑性は教科書やマニュアルよりも高い。


積極的に情報発信すれば、できることの可能性を広げるだけでなく、周囲の理解も得られる。


熱心に教えても選手がついてこなければ才能は伸ばせない。でも、そこで立ち止まってはいけない。やる気に火をつけることこそコーチの役割。


選手の信頼を得るには何が必要か。それは結果を出させること。


若い頃から仕事を選り好みしたり、自分を過小評価して挑戦から逃げていた人は、キャパシティーが広がらず、先細りの人生が待っている。


悩ませることも成長を促す手段。


なるべく自分しかできないことに100%の力を注げるような環境作りが重要。


不調な時に感じた思いほど大切にしなさい。その悔しさが厳しい練習を乗り越え、大きな大会で勝負するためのパワーになる。


褒めることと過保護にすることは違います。過保護が選手を良い結果に導くとは思えません。


大事なのは、現状を真っ直ぐに見て受け入れること。問題の根源から目を背けない勇気を持つこと。


不調の原因を考える際、外的要因のせいにすると、問題の本質から遠のいてしまう。


検証した結果は、成功・失敗例ともに記録し、蓄積します。失敗例は成功例に変えることができ、成功例を横展開してさらなる練習方法を生み出すこともできる。


コーチは選手の成長を認め、自分の指導だけに囲い込むのではなく、時には外に出す勇気も必要。


大事なのは選手たちの成長に遅れることなく、指導者も成長すること。決して今の指導力に満足せず、他のコーチから吸収して学ぼうとする姿勢が重要。


プライドをかけてやらなきゃダメだ。死ぬ気で行け。
【覚え書き|選手への激励】


大事なのは、選手が集中できない理由を探り、それを取り除くこと。しかし、コーチが理由に気づいても、選手が対策を受け入れなければ意味がない。


結果を出す人間は、目標に向かって自らの意思で努力する。


コーチの指示で練習に取り組むのと、選手自らの意思で取り組むのとでは、同じメニューでも質や追い込み方が全く違う。


手間隙はかかりますが、やはり一人ひとりの目線に合わせて指導することが大事。


絶好調は不調の始まり。好調な時こそ舞い上がる気持ちを抑え、冷静さを保たないとたちまち不調に陥ることがある。絶好調な時ほど、心や体のバランスが崩れやすくなる。


大きな成功は、基盤をしっかり整えた上で、誰もやったことがないことにチャレンジするから手に入れられる。


年齢を重ねると、自分でも気づかないうちに理論に頼ってしまっていることがあります。これからもチャレンジを続けるために、自らの環境を変えようと決めました。


変化を恐れないことが日本人の強さのひとつです。


基本的な理論を大切にしながら、新たなチャレンジを続けてきました。しかし、それも成果が出るといつしか一般的になってしまうものです。素人のような疑問を大切にし、いつまでも冒険し続けたい。世界には私より多くのメダリストを育てたコーチだっているのですから。


選手に伝える改善のワンポイントを選ぶ際には、「問題の根本的な原因は何か」ということをよく考えます。「足が痛むので足の病気かと思っていたら、実は内臓疾患だった」なんてことがありますよね。それと同じで、「なぜそういう泳ぎ方になってしまうのか」という本質的な原因を発見できずに、目に見える表面的な問題だけを直そうとしても上手くいきません。問題の真因を探って、その一点を集中的に改善していくしかありません。


まずは相手の気持ちになって、どういう言い方をされたら理解しやすいか、受け入れやすいかをシミュレーションすることが大切です。それには選手の性格や考え方をよく知っておかなければなりません。


昨今は「褒めるバブル」なので、注意しないといけないなと思っているんです。あまり褒めすぎると効き目がなくなりますから。


選手に納得してもらうには、自分の気持ちに対して嘘をつかないことです。コーチの嘘を選手はすぐに見抜きます。そうしたら信頼関係なんて築けません。


初期の大きな失敗から、私は「待つこと」の大切さを教わりました。いまでは自分が言いたいことがあってもぐっとこらえ、まずは選手に質問するようにしています。そうして選手自身が泳ぎを反省し、言語化するのを待つ。自分の考えを伝えるのはそれからです。


教えすぎ=オーバーコーチングになると、選手が指示待ちになって、自分で考えなくなってしまいます。緩やかな坂道をあがっているうちは、コーチの言う通りでもいいのですが、徐々に坂は急になります。オリンピックでメダルを争うようなレベルになると、自分で考えて行動できるような選手でないと、伸びていきません。


できるだけ早くコーチとしての信頼を勝ち取るには、小さな大会でもいいから、きちんとその選手に結果を出させてあげるのが一番です。なんだかんだいっても、「あのコーチの言うとおりにやったら記録が短縮できた」という事実が積み重なれば、次も耳を傾けてみようという気になるじゃないですか。


練習では、選手の泳ぎ方の悪い部分を修正するというのがコーチの大事な役目です。この場合、ある程度時間をかけて話すこともありますが、私はなるべく「ワンポイントで伝える」ようにしています。というのも、ポイントが複数になると、選手が混乱してしまって修正ができないからです。


試合でいい結果が出たときは改善点を伝えるのは難しい。選手はこれでいいと思っているところに、「ここが悪いから直せ」と言われたら、なかなか素直に聞く気になれないというのは人情です。そういう場合は、まず褒めておいて、「だけどこのままでは、伸びはここまで。さらに上のレベルに行くには、ここをこう改善しよう」という言い方をします。日本記録を出した選手には、世界記録がある。アジア大会で世界記録を出したら、世界選手権の記録じゃなければ世界からは認められないぞという具合にです。


改善点はタイミングを見計らって伝えることも重要です。たとえば、試合で思うような結果が残せなかったときは、どこが修正すべき課題かを伝える絶好のチャンスだといえます。


考えることを怠り、情報やマニュアルに全面的に頼ることで安心を得る人がいます。でもそれは、自分の価値観を人に委ねていることと同じ。いつまでも自信はつかないし、達成感や満足感を得られません。


最新の科学情報を得ると、その情報通りに従いたくなります。でも、それにとらわれると、選手の泳ぎの良さが失われる場合だってある。情報を最大限に活用するためには、思考の柔軟さが必要です。そのためにも「自分の頭で考える」という習慣が大事。


世界との差がある自由形は、海外のメソッドなどを積極的に取り入れるべきだと考えています。しかし、ただ真似をするのではなく、自分たちで解釈しながら、日本人に合うように柔軟に取り入れなければいけない。


他国のコーチとの会話も、貴重な情報交換の場。海外のコーチは私によく話しかけてくれます。相手は技術や練習方法などを質問してきますし、私も外国人選手の練習を見ながら、その意味を質問したりします。相手が教えてくれるのは、私が情報を提供しているからです。


結果を出すコーチは、明るくて人づき合いに長けたタイプが多い。選手はもちろん、自国の水泳連盟内で、うまくコミュニケーションが取れているように思います。コーチングスキルは必須ですが、コミュニケーション力の必要性も再認識させられます。


他国の選手やコーチを観察していても、必ず得るものがある。


しっかり遂行して達成するためには、まず、やるべきことを細かく洗い出し、課題は何か、何を重点的にやるべきかなどの優先順位を決めます。そして、自分の手が回らないところは他の適任者に任せるなど、役割分担も必要です。


成長するために1つ変化させれば、すべての要素を見直し、変えていく必要がある。「今まではこうだった」という固定観念を、勇気を持って捨てることが大事。


知的な能力を鍛える方法の1つとして、マニュアルや通説に頼らず、「この情報は本当なのか?」と疑問を持ち、自分で試せるものであれば、検証することが効果的。


智力を備え、自分で考えて行動できる選手こそが、やはり勝負に強い。


ナショナルチームの合宿で所属を超え、レベルの高い選手が一緒に練習すれば、切磋琢磨してモチベーションアップにつながる。環境の変化は、選手が一流を目指すうえで貴重なステップになる。


才能ある選手の指導から得たノウハウは、コーチだけでなく、競泳界のレベルを進化させる財産です。それを理解すれば、ノウハウを共有する大切さに気づくはず。


精神面が成熟した選手は、指導者が少し支えるだけで調子を上げられますが、未熟さが残る選手の指導ほど時間がかかります。チーム力で考えれば、まず後者の指導を意識して足並みを揃えた方が、チームの雰囲気も全体の最高値も高くなる。


チームでの練習も功を奏したと思います。3人のうち1人だけ伸びない時期があると、「何で私だけ伸びないのか」と疑問に思う。その悔しさから「やらなければダメだ!」という意志が生まれる。そこで初めて質の高い練習ができ、大きな成長につながります。


成功の積み重ねによる自信は欠かせません。練習や試合は、すべて五輪で勝つための経験です。プランニングの段階で、練習をがんがんやらせながらレースで結果を出させる方法について随分頭を使いました。


明確な目的意識を持てるか否かも大きい。レベルに関係なく、明確な目標があるほど集中力は増し、意志のある泳ぎができる。


選手の不安要素を見抜き、打開策を提案して一つひとつ取り除いていく。スタート台に立つまで、いや、レースが終わるまで、選手に根拠のある自信を持たせられるように導くことがコーチの役目です。


教える側が熱意を持つのは当然として、それをいかに伝えるか。選手が悔しさを感じている時など、こちらの言葉が染み込みやすくなるチャンスを逃がさないことが大切。


管理職になれば、嫌でも様々な仕事が降ってきて、自ら動くことが求められます。そのためにも、若い頃から新しいことに積極的にチャレンジし、仕事を気分転換に思えるぐらいの余裕を持つことが大切。


常にフレッシュな気持ちでいられるように心のバランスを保つことは、選手だけでなく、指導者にとっても大事です。指導で行き詰まったとしても、別の選手を相手にすることで思考が切り替わり、新鮮な気持ちになれる。


「答え」を最初から出すティーチングか、「答え」を出すタイミングを計るコーチングか。選手の性格やニーズ、成長度合いで使い分けることが大半で、それには観察力を磨くことが大切になります。


人の指示による選択と、自分で考えた選択では、その後のモチベーションが変わってくる。厳しい道を選ぶ時ほど、自分で選んだという事実が責任や覚悟につながります。


どん底の状態に陥った時は、開き直りが大事です。それは投げやりとは違います。底辺にいる状態を事実として受け入れられた時、やるしかないというシンプルな思考に変わる。


短時間で結果を出したという成功体験は、どんなピンチにも、慌てずに対処できる力を養います。どん底に陥った時こそ、リカバリー力を鍛えるチャンスでもあるのです。


切羽詰まった状況では、周囲の雑音が消え、上に這い上がるためには何をすべきかだけを考えるようになります。崖っぷちに立たされた時こそ、思わぬ力が発揮される。俗に言う「火事場のばか力」です。それを利用して、今すぐできることを精一杯やれば、短時間でのリカバリーは可能だと思います。


怪我などで不調に陥った時、早く復活する選手と、復活できない選手の違いは、選手が「怪我の功名」と考えて、自らの意志で次の行動に移れるか。その時にできることを考え、マイナス面をプラス面に変える発想を持っているか。


休息を積極的に取ることは、試合でいいパフォーマンスを発揮するための大切な準備です。好不調にかかわらず、攻めと守りのバランスを保つことが大事。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ