川端康成の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

川端康成のプロフィール

川端康成、かわばた・やすなり。日本の小説家。大阪出身。東京帝国大学国文学科卒業。数多くの名作を執筆し、日本文学史に功績を残した。ノーベル文学賞を受賞。代表作に『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』ほか。

人間はみなに愛されているうちに消えるのが一番よい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ