川内正直の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

川内正直のプロフィール

川内正直、かわうち・まさなお。日本のコンサルタント。福岡県出身。早稲田大学教育学部卒業後、リンクアンドモチベーションに入社。同社エントリーマネジメントウエストカンパニー執行役カンパニー長、リンク・アイ取締役、リンクアンドモチベーション・モチベーションマネジメントカンパニー執行役カンパニー長などを務めた。主に採用・人材育成・組織風土改革のコンサルティングを行った。

部下が素直に従うかどうかは、日頃の信頼関係の積み重ねにかかっています。


前提を揃えれば、コミュニケーションのズレが解消され、人間関係も改善されるはずです。


部下の様子に目を配り、困っているときに救いの手を差し伸べることで、部下は「あの人の恩に報いよう」と考えるようになります。


上司と部下のタイプが真逆の場合、どうしてもコミュニケーションにズレが生じやすくなるので、「自分と同じタイプの人間ばかりではないのだ」という前提に立ち、相手の特性に合った接し方を心がけるのが人間関係を改善する秘訣です。


結論だけを示すのではなく、結論に至る思考のプロセスや裏づけとなった知識・情報を説明する習慣をつけてください。自分たちを取り巻く環境に精通しており、経験豊富であることを示せば、部下にも「この人が言うことは間違いない」という心理が生じます。


上司が部下に影響力を発揮するには、いくつかの要素が必要です。まず、部下に「あの人はすごい」と思わせるだけの“専門性”。また、「あの人は素敵だ」と思わせる“魅了性”も必要です。そして、部下が「あの人がいるとありがたい」と思える“返報性”も重要。


重要なのは、前提を揃えることです。そもそも他人同士が話をするときは、前提がズレるものだという認識を持つべきです。たとえば上司が部下に「納期が厳しいから全力でやろう」と伝えたとき、「残業や土日出勤をしてでも必ず間に合わせる」という前提があります。ところが、中間管理職世代と若手世代では会社への忠誠心や公私の時間の使い方に関する前提がズレているので、部下は「全力でやるのはあくまで業務時間内で、それで間に合わなければ仕方ない」と考える。だから「お客様と納期を延ばすよう交渉してください」といった言葉が返ってくるのです。


上司が指示や指導をした意図が部下に伝わらないというトラブルは多くの管理職が経験しているはず。このとき、上司と部下が互いを責め合っても何も解決しません。「どちらかの“人”に原因があるのではなく、二人の“あいだ”に問題がある」と考え、コミュニケーションの方法を変えるのが正しい解決法です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ