川俣喜昭の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

川俣喜昭のプロフィール

川俣喜昭、かわまた・よしあき。日本の経営者。「モルガン・スタンレーMUFG証券」会長。早稲田大学卒業後、三和銀行に入行。三和銀行執行役員、UFJ銀行常務執行役員、専務執行役員、東京三菱UFJ銀行常務執行役員、専務執行役員などを経てモルガン・スタンレーMUFG証券会長に就任。

大事なのは、常に自分が主体的に関わる、当事者意識。失敗した際に、ああだこうだと、他のせいにしたり言い訳をしないこと。


仕事というのは、困難なもの。楽な仕事はない。仕事は、言われたことをやるのではなく、自分で課題をはっきりさせ、それを解決することだ。


自分で何かを変えていくという意思、決意がなければ物事は変わらない。


大きな組織だと、少しの力では物事は進まない。成功させるためには、どれだけ自分の思いを組織の他の人に理解させ、ベクトルを同じ方向に向けさせるかだ。


自分もかつて、仕事でうまくいかなかったとき、不平を言ったら、ある上司から「ならお前は納得するまで動いたのか」と言われ、戒められた。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ