島津忠良(日新斎)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

島津忠良(日新斎)のプロフィール

島津忠良、しまづ・ただよし。日新斎、じっしんさい。戦国時代の武将。島津氏の分家・伊作家の出身。琉球経由の日明貿易や、養蚕などの産業育成、城下町の整備などを行い島津家の再興をなし遂げた人物。島津家中興の祖と称えられた。

いにしえの道を聞きても唱えても、我が行いにせずば甲斐なし。【意訳|昔のありがたい哲学や学問を学んだり唱えたりしても、実行に移さなければ意味がない】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ