島左近(島清興)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

島左近(島清興)のプロフィール

島清興、しま・きよおき。左近(さこん)は通称。戦国武将。石田三成の腹心。「石田三成に過ぎたものが二つある。島左近と佐和山の城だ」と評された猛将。関ヶ原の戦いで西軍の負けが濃厚になったのち鬼のような戦いを繰り広げ戦死。『常山紀談』には左近と戦った黒田長政軍の兵士が戦闘時の恐怖によって数年間左近が出てくる悪夢にうなされたと記されている。

城下の繁栄に驕って下々の憂苦を思わず、武具のみに力を入れて城郭を構築しようとしても、徳と礼儀がなければ、はなはだ危うい。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ