岸見一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岸見一郎のプロフィール

岸見一郎、きしみ・いちろう。日本の哲学者、心理学者、カウンセラー。京都出身。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。西洋古代哲学とアドラー心理学を研究。日本アドラー心理学会顧問を務めた。著書に『嫌われる勇気(共著)』『アドラー心理学入門』『よく生きるということ 「死」から「生」を考える』ほか。

相手をどうにかして変えるという考え方は捨てましょう。自分を変えることを意識してください。


馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲むかどうかは馬次第。


自分を認めることができ、自分の人生を生きていれば、ストレスは疲れの原因ではなく、自分を高めるために必要な試練だと捉えることができるようになります。


上司が自分をどう見るかは上司の課題であって、自分ではどうすることもできません。


職場の人間関係がどうしてもうまくいかず、自分に自信が持てないということもあるかもしれません。そのときは、仕事は人生の課題の一つにすぎないと考えてみてはいかがでしょうか。


優秀な人ほど、“できない自分”を認めることが難しい。“普通である勇気”をなかなか持てない。


自分の人生を生きることは今の職場では無理だと感じたら、他の職場に移ることも考えるべきだと私は思います。意に沿わない職場で仕事を続けるべきだとは思いません。


自分を相手がどう見るかは相手の課題であって、自分の課題ではありません。自分の課題ではないのですから、どうすることもできません。


対人関係のゴールは、他者を仲間と見なし、仲間の中で「ここに自分の居場所がある」と思うこと。そうなれば、きっと幸せを感じるはず。


上司が怖くても、理不尽な言動だと思った場合は、嫌われるリスクを承知のうえで意見を言うことが大切です。厳しい言い方をすれば、相手の言いなりになることは、「他人の人生」を生きることと同じ。それでは自由も幸せもつかみ取れません。


上司からきつく叱られた場合も、見方を変えれば「期待を感じて厳しく指導してくれている」と捉えることができるかもしれません。そう考えれば、反抗的な態度を取ることはないでしょう。もちろん、これはパワハラを我慢しろということでありません。


他人をタイプ分けしている人は、相手をよく見ていないことが多い。親に「あなたは○○な子だから」と決めつけられて嫌な思いをした経験はありませんか? こうした決めつけはよくありません。


「嫌な人」とつき合っていくうえで初めに確認してほしいのは、「すべて相手が悪い」と考えていないかどうかです。対人関係の問題には必ず相手が存在します。嫌な人は「あなただから」嫌なことをしているのかもしれません。そう考えれば、自分にも非がある可能性は否定できませんよね。


問題を解決するには「何があったか」より、「これからどうするか」の方が大事です。変えられない過去ではなく、変えられる未来に目を向けて考えましょう。


日本では、上司と部下とは“縦”の関係にあると思っている人が多いですが、本当は“横”の関係のはず。職場として持っている目標に向かうために、それぞれが役割を分担しているのですから。ですから、「やり方が間違っていると思うけれども、上司だから言えない」というのは、「上司が悪いから、成果が出ない」と言っているのと同じ、責任転嫁です。


自分で自分を認めることができれば、「嫌われる勇気」を持つことができます。すると、上司であろうと、顧客であろうと、対等な人間として接することができます。対等に接すれば、相手も「この人の前では、自分を誇示しなくても、自然体でいて大丈夫だな」と気がつくでしょう。そうした人間関係の中でこそ、互いに成長することができます。


知人に聞いた話ですが、大学で絵画や彫刻などを学ぶ学生にはメンタルの弱い人が多いそうです。みんなで絵を描くと、自分よりも上手い学生がたくさんいることがすぐにわかる。それで自信を失ってしまうのですね。でも、その学生の絵は、他の誰にも描けない絵のはずです。もちろん、技術的なことなど、学ばなければならないことはたくさんあるのでしょうけれども、その学生の絵を他の人が描けるわけではない。自信を失ってしまうのは、自分で自分のことを認められていないからです。


「上司が悪いから、成果が出ない」「労働環境が悪いから、仕事ができない」というように、責任を他者に転嫁することは、他人の人生を生きるということです。「他人がどうであれ、自分は自分の仕事をする」というのが、自分の人生を生きるということ。そのためには、他人に自分のことを認めてもらうのではなく、自分で自分のことを認めなければなりません。


そもそも、なぜストレスが生じるのかと言えば、それは理想と現実のあいだにギャップがあるからです。「こうあるべきだという理想に現実が合わないとストレスを感じる。このギャップが大きければ大きいほど、ストレスは大きくなります。ですから、ストレスを小さくする方法の一つは、理想を低くすることでしょう。


ストレスは悪いものだとは言えません。烏が飛ぶとき、空気は抵抗になりますが、空気がなかったら羽ばたいても飛べません。空気があるからこそ、高く飛ぶことができるのです。仕事のストレスも同じで、ストレスがあるからこそ、人は大きく成長できます。ストレスがなければ成長できません。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ