岸田雅裕の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岸田雅裕のプロフィール

岸田雅裕、きしだ・まさひろ。日本のコンサルタント。「A.T.カーニー」日本代表。愛媛県出身。東京大学経済学部卒業後、パルコ、日本総合研究所を経てニューヨーク大学スターン経営大学院でMBAを取得。米ブーズ・アレン&ハミルトン、独ローランド・ベルガー、米ブーズ&カンパニーなどを経て米A.T.カーニーに参画。その後、日本代表に就任。

目先のお金に追われるのではなく、妥協せず、自分に投資すればお金は後からついてくる。


「元を取れるかどうか」は重要ではない。これを考え出した途端、「期待外れだったらお金がもったいないから、少し安いのにしようか」などと妥協するようになってしまう。


一番欲しいもの以外を選ぶなら、お金が貯まるまで我慢した方がいい。


私の周囲で成功している人は、お金の使い方がきれいです。彼らが成功しているのは、実力に加えて、その「生き様」に共感する人たちが周りに集まるからでもあると思います。


転職希望者から「外資系コンサルって、給料はどのくらいもらえるんですか?」と聞かれることがあります。そんな時、私は「報酬が目的で入社する人は、同じ動機で早晩、辞めることになるから入社は薦めない」と言います。リーマンショックの時、投資銀行の年俸があり得ないほど下がり、「俺の価値が暴落した」と言った知人がいましたが、とても不幸な考えだと思いました。


自分が本当に欲しいものを買うには10万円必要だけど、8万円しか手元にないとします。この時、8万円で手に入るもので妥協すると「本当はもっといいものが欲しかった」という気持ちが残ってしまう。そんな気持ちで所有しているものに、目いっぱいの愛情を注げるとは思えません。だから私は、妥協するぐらいなら買わないことにしているんです。


「欲しいものは妥協せず、手に入れる」が、私の行動原則。限りあるお金の範囲内で「なりたい姿」を実現するために、ちゃんとマイルールを定めています。それは、「使うと自分が成長できそうなもの」だけを、買うということ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ