岩瀬大輔の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩瀬大輔のプロフィール

岩瀬大輔、いわせ・だいすけ。日本の経営者。「ライフネット生命保険」社長。埼玉県出身。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。米国ハーバードビジネススクールに留学後、ボストン・コンサルティング・グループ、インターネット・キャピタル・グループ日本法人立ち上げ、リップルウッド、旭テック社外監査役などを経て、ライフネット生命の設立に参加。副社長を経て社長に就任。著書に『入社1年目の教科書』『ネットで生保を売ろう』『ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて』『金融資本主義を超えて』など。

「何を」やるかよりも「誰と」やるかが大切。


地道な努力を続けていると、必ず道は拓ける。


実際に商売をしてみて、魔法は無いのだとよく分かりました。当たり前のことをコツコツと愚直に続けるしかありません。


商売とは、皆が目を付けないところにこそチャンスが眠っている。


若い人に大きめの仕事を与えれば、その分奮闘し、結果として成長する。


年齢も出身も経歴も、様々なバックグラウンドの仲間がいるほど強いことはありません。多様性こそ、アイデアや勢いを生み出す原動力です。


1回のイノベーションよりも、100万回のイテレーション(反復型開発)がベンチャーにとって必要。


僕は保険業界でのキャリアがないので、「生命保険ってこういうもの」という固定観念がなかった。


早く成長したいと思ったら、他人のやり方を盗むのが一番の近道です。それは決して悪いことではありません。むしろ優秀な人たちは、誰もがそうやって自分の能力やスキルを伸ばしているのです。すでに高い成果をあげている人たちが持っている経験や知見を積極的に引き出して、それを真似してみればいいのです。


問題解決において大事なのは、才能ではありません。基本のロジックをおさえたら、何より大事なのは行動することです。問題を発見し、原因を追求するだけでなく、改善策を実行に移してこそ、本当の問題解決につながるのだということを忘れないでください。


留学中に「大きく伸びるベンチャービジネスの3つの条件」を知りました。3つの条件とは「みんなが使っているものを対象とせよ(大きい市場を狙え)」「みんなが煩わしさを感じているものを対象にせよ(非効率な市場を狙え)」「技術革新や規制緩和で、そのわずらわしさを取り除く可能性のあるものを対象とせよ」というものです。生命保険はどれも当てはまりました。


自分自身で限界を決めずに、とりあえずやってみること。そうすれば、様々なことが実現できるし、新しい展開も見えてくると思います。


世の中にはアイデアがたくさん溢れていますが、実行されているのはほんの一握りだと思うんです。失敗という壁を恐れずに、浮かんだアイデアを実行した人が、結局のところ、仕事ができる人だといわれている気がします。


最も大切にしているのは「スピード」と「突破力」です。周囲の人々をいても、仕事ができる人は、この2つの能力に長けていると感じます。


人の力を借りることができるかどうかで、仕事のスピードはまるで変ってきます。


学んだことはすぐ実行することが大切だと思います。ビジネス書を読んで、心に残ったことを書きとめた瞬間に、それを試みてみる。そのような積み重ねが、仕事力を高めることにつながるのではないでしょうか。


復習をしないと、自分の血肉になりません。インプットをたくさんしなければいけないというのは、誰でも感じていると思うのですが、それをしっかり咀嚼して身につけなければ、ほとんどのことを忘れてしまうと思うんです。


仕事上で感じたこと、講演を聞いて心に残ったこと、経営者の方とお会いして勉強になったこと、読書をして感じたこと。これらをそのまま放っておかないで、ノートに書いて、頭の中で整理します。さらに、「なぜそれが面白いと感じたのか」「それで、どうしたいのか」という理由まで含めて、書き出すようにしています。


50点のものを1日で、80点のものを2~3日で、100点のものを1週間で仕上げられるとしたら、2~3日で仕上げることを目指します。スピードとクオリティのバランスが絶妙だと、相手に「こいつはやるな」という印象を持ってもらえます。


「メールは即返す」「今度ご飯を食べましょうと約束したら、電話を切った瞬間に即予約」など、5分以内で終わるようなことに関しては、とにかく即やります。それ以上の時間がかかる仕事は、クオリティーとのバランスを上手くとるように心がけています。


成約までのステップを分解することで、未契約のお客様が、どのステップがボトルネックになっているのかも明らかになりました。ネット上での申し込みは完了していたものの、身分証明書のコピーなどが期限内に送られてこなくて不成立になっている契約が少なからずあることがわかりました。そこで、このような人たちに対し、私たちは電話をかけえてみることにしました。申し込み手続きをほぼ終えているお客様に連絡するのであれば有効と考えたのです。電話をかけてみると、お客様からの反応は好意的で、一日で数十件の契約を獲得するという成果が上がりました。


当社では20から30代で、都心部に住み、比較的高学歴で高収入のお客様にフォーカスすると定めました。高齢者が増える一方で、若者世代はどんどん減っているため、ここに注力している企業は多くありません。実際、当社の生命保険契約者は20から30代の人が全体の8割を占めます。


当社は販売チャネルをネットに一本化するにあたって、社内で議論がありました。当初、私は書面での申し込みも受け付けてよいのではないかと主張しました。しかし、これはやってはいけないことだと後になってわかりました。ネット経由に限定するのと、書面による申し込みも受け付けるのでは、オペレーションがまったく異なるからです。たとえば手書きの書類には記入漏れが少なくないし、文字が判別不能なものもあります。すると再確認や差し替えといった手間が生じて、コストも高くなります。


フォーカスすべきことがわかれば、捨てるべきことも判断できるようになります。たとえば、当社のお客様は小さな子供のいる若い世代の方が多いため、学資保険を取り扱って欲しいという要望がたくさん寄せられますが、当面は取り扱わないことに決めています。その理由は我々の優位性を発揮できないからです。当社では掛け捨てのものしか取り扱っていません。なぜなら貯蓄性を持つ商品は手数料の割合が相対的に小さく、他社と比べて保険料を大幅に下げられないからです。これではお客様に与えるインパクトがないのです。


差別化というと小手先で違いを出すというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかしそれは違います。本来、差別化が意味するのは、本質的なバリュー(価値)が異なる商品やサービスの提供です。自分たちが何にフォーカスし、何を捨てるかという絞り込みをすることが必要なのです。


私が司法試験を受験した当時、科目の中で商法が最も分量が多く、多くの受験生は苦労していましたが、私は分量の多さを負担には感じませんでした。それは、「商法って結局、会社ができるまで、できてから、そして会社を清算するときの3つで構成されているんだな」と最初に全体像を把握していたからです。2000ページもある本を読めといわれたら、誰でもウンザリするでしょう。しかし、まず目次を眺め、全体の構成と、著者が何を言おうとしているのかをつかんでおけば、数字ほどの苦労をせずに済むのです。


これまでクライアント企業及び自社の戦略立案にかかわってきて、経営戦略において重要なことは、いかにして他社と差別化した商品やサービスを顧客に提供するかだと実感しています。


仕事がまさにそうですが、ネットに頼り切ってしまうと、上手くいくことも、上手くいかなくなります。対面して話をするのがコミュニケーションの原点なのです。


「おっしゃることはわかるけれど、ちょっと違う」と思うネット上のコメントに対しては、アプローチ方法が2つあります。ひとつは情理を尽くした反論を書くことです。もうひとつは、僕を批判する当の相手に直接会いに行ってしまうことです。僕の著書に対してことあるごとに批判しているブログがありました。作者が実名を公開しているうえに年齢が同じ、勤務先がわかったので、ある日そこに電話して本人に「岩瀬です。いつもありがとうございます」と話しはじめたら、さすがに驚いたようです。その後は、食事をして意気投合し、遊びに行く仲にもなりました。といっても、相変わらず彼のブログでは僕への批判がやみません。ただ、顔見知りになってからは文章に僕への愛が増したように思います(笑)。


批判がすべて当たっていて、一理あると自分でも納得できる内容のものだったら、素直に受け止め自分の糧にします。僕のブログには「教養がない」「語彙のバリエーションが少ない」という書き込みがよくあるのですが、自分で痛感していることなので「頑張らなくちゃ」と思っています。


ブログへの批判コメントの中には、単なる人格攻撃のように感情的なものもあります。それには反応しません。そんなものに関わりあうほど人生は暇ではないのです。そうではなく、僕がブログや本で書いたことに対する正面からの批判だとしたら、きちんと受け止め対応する必要があります。


以前から実名でブログを書いているのですが、批判的なコメントが付くことは日常茶飯事です。最初に心がけるべきは、相手の書いた内容をよく読んで吟味することです。肝心なのは頭から否定してかからず、その人の属性や立場、書いた動機まで考え、相手はなぜ自分と違う意見を持つにいたったのかをしっかり見極めることです。


ものごとが上手く進んでいるときは、いつか転げ落ちることだってあります。逆に大変なときは、この苦労がいつか自分の力になって返ってくると思えばいいのです。以前、上司に「失意泰然、得意淡然(失意のときには泰然と構え焦らず、上手くいっているときは淡々と構え驕らない)」と教えられました。私自身、失意のときこそ慌てずどっしりと構え、上手くいっているときは調子に乗らず、謙虚に努力したいと思っています。


悲観的になりがちなときは、こう考えてみてはどうだろう。そもそも世の中においしい話はない。金融的な考え方をすれば、コストとベネフィット(費用と利益)、リスクとリターンは一致します。つまりこの世の中には、楽でつまらないことか、大変ですごくいいことのどちらかしかないのです。


日本のサラリーマンは往々にして、社内でしか通用しない特殊技能のようなものばかり身につけています。終身雇用の時代ならまだしも、これらの時代は外に出て新たな職場を見つけなければならない可能性も高いのです。そのときに、社内ポリティクス(社内の政治的駆け引き)は通用しません。就業時間後はできるだけ社外の人と会い、他流試合を通じて、いつ労働市場に出ても通用するような力をつけたいものです。


飲みすぎて寝不足だとか、勉強しすぎで寝不足だという人もいますが、おかしな話です。最高の力を発揮できるような状態で一日の朝を迎えるのはビジネスパーソンにとっての責務だといえます。


情報は囲い込まずに世の中に発信すれば、その何倍にもなって返ってきます。躊躇せずに、むしろ同業他社にこそ話を聞きに行き、お互いにWin-Winの関係を築いていけばいいと思います。


同業他社に教えを請うにはまず自分から情報開示することが前提です。「私たちはこういうビジネスをやっていて、この部分は理解しているけれども、この部分がわかりません。私たちの仮説はこうですが、どう考えますか」というように、教えを請うというよりも、自分たちが持つ情報を提供してから情報を得るスタンスがいいでしょう。


仕事であれ情報収集であれ、自分一人でできることは限られています。自分がどれだけ勉強したとしても、得られる情報はそれほどたいしたものではありません。だからこそ、情報を持っている人のところへどれだけフットワーク軽く教えを請いに行けるかが重要です。


ビジネスマンにとっての勉強とは一般教養を身につけることではなく、仕事に役立つスキルや経験を身につけることです。稼げる人はスキルや経験を蓄積し、仕事で生かすことを常に意識しています。


稼げる人は他人と同じ情報に接しながらも目線が違います。稼げる人は情報をたくさん持っているのではないかと思いがちです。しかし、情報量は誰もそれほど大差はありません。同じ情報からいかに気づきを得て、物語を組み立てていけるかが、稼げる人と稼げない人の差になって表れます。


稼げる人ほど、つまらない仕事をいかに面白くするかを意識しながら仕事しています。


極端な言い方をすれば、目的もミッションも、時間とともに変化するフィクションでいいと思います。10年後の目的やミッションが、現在の自分が考えたことと同じだったら、むしろその方が残念です。変わっていくことを前提に、この瞬間において自分は何のために仕事をしているのか、社会にどのような付加価値を残したいのかを物語として持っていることが大切なのだと思います。


人が成長するうえで一番大事なのが、長期的なビジョンやミッションのようなものを持っているかどうかだと思います。


夜の自由な時間では、社内との付き合いと社外の付き合いのどちらに重きを置くべきか。これは意見が分かれるところですが、私は社外の人との付き合いを大事にすべきだと考えています。


社会人になった途端に勉強をしなくなる人が多いのは、勉強しなくても脊椎反射で日々の仕事を乗り切れてしまうからでしょう。しかし、ビジネスパーソン、とくにプロフェッショナルであれば、常に勉強して知識を身につけておかなくてはなりません。たとえば、アスリートは試合に出るために毎日練習します。練習せずに試合だけ出場している選手はいません。プロとして仕事する以上、ビジネスパーソンも勉強にもっと時間を割くべきです。


知力、体力、気力は優れた仕事をするのに必要な基礎体力といっていいでしょう。これら「仕事体力」を高めて、ビジネスパーソンはアスリートであるべきと私は考えています。


同業他社に聞いても教えてくれないのではと思うかもしれませんが、案外、差しさわりない範囲で公開してくれるものです。私の経験上、同業他社に教えを請うて門前払いされた経験は、5回に1回くらいです。


会議には「出席さえすればいい」と考える人も世の中には多いかもしれませんが、事前準備なくして会議中の議論が深まることは稀だし、得られるものも少なくなります。どんな仕事からも気づきや学びを得ようとする意識の高い人は、事前の予習にも間違いなく時間をかけています。


人間は忘れる生き物ですから、仕事で気づきや学びがあったとしても、書き留めておかないとすぐにどこかに行ってしまいます。さらに、気づきや学びを自分のスキルとして定着させるには、復讐することが不可欠です。


私のまわりの稼ぐ人たちを見ても、超高度な秘密情報を持っている人などまずいません。誰もが平等に持っている情報や事柄からでも、新しい気付きを得られることを知っているだけです。


仕事というのは往々にしてつまらないものであって、それをどう面白くするかは本人次第です。来客へのお茶出しをチャンスととらえることもできます。お茶出しもそうですが、カバン持ちも自分の目線を高めるには絶好のチャンスです。社長や役員が出席する商談や交渉の場であればなおさらです。


稼げる人も稼げない人も、接することができる情報量や課せられる仕事、身の回りの出来事にそれほど大差はありません。両者を隔てるのは、そこから何をどう学ぶかという学びの姿勢です。


私は抱えている仕事が少しでも「煮詰まった」と思ったら、提出するようにしていました。コンサルティング会社にいたときも、レポートがそこそこできた時点で、すぐマネージャーにチェックしてもらっていました。「こんなに何度も持ってくる奴は初めてだ」と言われました。途中の過程で見てもらっていますから、内容は80点に満たないものもあります。だから、厳しい指摘も受けました。でも、上司やその分野に関して得意な人の力を借りた方が、短期間でよい成果のものができます。


創業当初、先輩方にも励まされました。様々な話を聞くと、最初から万事うまく行ったベンチャーなどありません。私たちだけではないのだと分かり、救われたところがありました。


投資ファンドでは、出来るだけ鞄持ちとして会議や商談の場に連れて行ってもらいました。立派な経営者の方々に身近に触れることができたのは良い経験でした。


若い人に少し背伸びした大きな仕事を任せています。基本的に一度任せたら口出ししない方針です。


大企業やベテランを巻き込み若手のクリエイティビティを発揮する場を作ることが、これから日本で大きなベンチャーを育てる。


最初は「安いのでうちの保険に入って下さい」と一生懸命言っていましたが、なかなか受け入られませんでした。しかし苦労話や私と出口との出会いやどのような想いで始めたかを語り始めると、加入者が増えていきました。どんなに安いと言われても心は動かないけれど、物語を語ることで消費者の注目が変わると気付きました。


機能・性能だけで選ぶ時代は既に終わり、自分の共感できる理念や応援したいと思える会社が選ばれる時代になった。


自分なりに出した答えに胸を張り、子どもたちや孫の世代に語り継げるような仕事がしたい、裏表なく語れる仕事がしたい。


人間はどこに行ってもそれほど大きく変わりません。日本人は上でも下でもなく皆一緒です。やはり無国籍、コスモポリタンであることがグローバルということではないでしょうか。


幸せを外に探しにいくと、永遠に見つからないと思います。ボストンに留学してお湯がたまらないバスタブで震えていたとき、はじめて日本のお風呂のありがたみに気づきました。日本では600円でおいしい定食が食べられるのに、向こうは味気ないハンバーガーが10ドル。今まで意識していなかったけど、幸せは日本の日常の中にあったのです。人生の幸せも同じで、出世したら幸せになれるとか、年収がいくらになったら幸せという考え方では、おそらくキリがない。幸せは、自分の内に見出すもの。そういう姿勢でいれば、時代がどう変わろうと幸せでいられるのではないでしょうか。


就職先や転職先を選ぶとき、僕なら将来性を軸にします。いま輝いている会社ではなく、20年後に輝く会社を選ぶこと。いま外見だけで美人やイケメンを選ぶより、20年後におじさんやおばさんになったときに輝いている人と結婚したほうが人生は楽しいじゃないですか。いまの給与や人気にとらわれず、先を見据えて選ぶべきです。


女性の経営者はひざ掛けをして冷えないようにしたり、ゆっくりお風呂に浸かったりと、自分の体のケアが上手な人が多い。でも僕も含めて、男性はがさつでしょ。だからいま、まわりに「もっと自分の体を大切にしよう」キャンペーンをやっています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ