岩澤巌の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩澤巌のプロフィール

岩澤巌。日本の経営者。エアガンのトップシェアメーカーの東京マルイ社長。

日本ではトイという子供向け玩具とはっきり区分されていませんが、ホビーは大人の趣味です。自動車だって、乗って楽しみ、外観にこだわるのなら、ホビーでしょう。エアガンなどのホビーを日本で広げようと思うなら、もっと大人が喜ぶものを真剣につくらないといけません。まだまだ努力が足りないと思います。


当社はホビー好きが集まり、技術開発に全力をあげています。会社をひと言で表せば、技術の集合体です。国内だけでなく海外で高い評価を得ているのも、こうした姿勢が製品に表れているからでしょう。


技術への執着も当社の特徴です。当社の製品はメード・イン・ジャパンです。製品の良し悪しは部品をつくる金型にありますから、金型も内製しています。技術は金型メーカーでいちから勉強しました。日進月歩で進化しますからね。


モデルガンに参入したときも、完成品が当然だった市場で、組み立て式の銃を出しました。価格を5分の1に抑えたものですから、飛ぶように売れました。何か変わったものをつくりたいというのが当社の社風です。


駄菓子メーカーが創業の事業でしてね、おまけ用の玩具を生産し、そこからプラモデル業界に参入しました。最初のヒットは、駄菓子のオマケのグライダー。当時、主流だった木製ではなく、塩化ビニールでつくりました。科学的にフォルムを追求してね。よく飛びました。上手く風に乗ればなかなか下りてこない。


私は平和を愛していますから、本物の銃はこの世から消えて、エアガンだけの世の中になってほしいと思っています。


三度の飯より銃が好きでね。この銃(最新モデルのスカーヘビー)を見てください。銃身は工作機械を使って削り出して製作しています。電動で弾を発射しますが、内部には撃ったときの反動を再現する可動式の重りを入れてあります。次世代電動ガンと呼んでいますが、実銃よりもよくできていますよ。


法律の規定でパワーの強いエアガンは日本では売れません。海外ではパワー不足とされてしまいますが、いつかは米国で勝負してみたいですね。当社の技術と感性が、銃の本場の米国でどこまで通用するのかを試してみたい。必ず大暴れしてやりますよ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ