岡聡(コンサルタント)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡聡(コンサルタント)のプロフィール

岡聡、おか・さとし。日本のコンサルタント。甲南大学経済学部卒業後、ベビー服・子供服メーカー「キムラタン」に入社。販売企画課長、商品企画課長、営業課長、キムラタンカンフォートキッズ西日本課長などを経て船井総合研究所に入社。経営支援部チーフ、経営支援部次長、第一経営支援副部長、執行役員などを務めた。著書に『船井流・「数理マーケティング」の極意』『売れるコンサルタントの「仕事の技術」』『人を活かし会社を伸ばす100のキーワード』ほか。

船井総研では、あるカテゴリーの繁盛店を100軒巡り、その強みを抽出し法則化する「百軒行脚」と呼ぶ研究を行っている。これで繁盛店はどこが違うのかを体得することができる。


チラシやホームページなどで一番目立つところにレイアウトされているどんな商品がどういった売れ方をしているかをチェックすれば、売り方もわかってきます。


同じ全国紙でもA新聞とS新聞ではスタンスが違いますし、ショッピングモールなどで「人気ランキング1位」などと大々的にアピールされる商品は、仕組まれている場合も多いもの。そういったメディアの論調や表現に踊らされることなく、自分の目で確かめ判断し選ぶことが大切であり、他人に対して自分の言葉で出来事の情報やものの価値を説明できることが重要です。


私はなるべく人気店に足を運びます。他店と比べてどこがいいのかの「差別化ポイント」をつかむ。そこで留意すべきは、「店が汚い」などのマイナス点に目を奪われないようにすること。きれいでも凡庸なチェーン店より、汚くても味で勝負している店のほうが人気が高い場合も多い。


特に大企業では分業化が進んでおり、社員は歯車のひとつ。受け身でも仕事は回ってくる。自分で考えなくても済むことが多いにもかかわらず、本人は「仕事をしている」感があるでしょう。一方、最終責任者である自営業者や経営者には「すべて自分の頭で考え判断する力」が求められます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ