岡田充弘(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田充弘(経営者)のプロフィール

岡田充弘、おかだ・みつひろ。日本の経営者、企業再生家。カナリアの社長。兵庫県出身。日本電信電話(のちのNTT)、NTTとIBMの合弁会社、会計系コンサルティング会社大手のプライスウォーターハウスクーパース、組織・人事戦略コンサルティング会社大手のマーサージャパンなどで企業再生や組織変革の実務を経験したのち、カナリアの全身である甲南エレクトロニクスにマネジメントディレクターとして入社。同社の改革に携わり、短期間で創業以来最高の業績を達成。その後商号をカナリアに変更し、社長に就任した。主な著書に『残業ゼロ!時間と場所に縛られないクラウド仕事術』『あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方』など。

日本企業の生産性が低下しているのは、力の入れどころを勘違いし、余計なところにパワーを注いでいるのが大きな原因です。その問題点を見直し、仕組化やルール化によってメンバーが本来の実力を発揮できる環境をつくることこそ、いま課長に求められるマネジメントではないでしょうか。


チームのミッション(使命)とバリュー(価値観)をそのまま部下に伝えてもいいのですが、実感として伝わらなければ形だけのものになってしまいます。そこで、ミッションやバリューを行動レベルに落とし込む必要があります。


求められるリーダー像は、チームが置かれている状況や部下の性格によって変わってきます。ワークスタイルや若手社員への仕事への意識が大きく変化している現在、求められるリーダー像はひとつではありません。ぐいぐい引っ張る上司ではなく、後ろから頑張ってこいとポンと背中を押してあげるようなリーダーをあなたの部下は求めているかも知れません。まずは自分が「リーダーとはこうあるべき」というこだわりを捨てることが必要です。


「なんでもマニュアル化したら、部下の個性を奪うことになる」という人がいます。しかし、仕事には個性が必要な部分と、個性を必要としない部分があるはずです。個性が発揮されるべきなのは、新しい企画を立案したり、業務の改善提案をしたりするといった創造性を求められる仕事です。「ファイルネームのつけ方」などといったことに個性を発揮する必要はないのです。こうした日常業務はマニュアル化で標準化し、本当に個性が必要な仕事に集中できる環境をつくることが、部下の個性を伸ばすことにつながります。


「課長が細かい行動目標を決めてしまうと、部下の自立心を奪うのでは」と思うかもしれませんが、実際は逆です。「何がよくて、何がいけないのか」を明確に示すことで、部下はいちいち課長から細かな指示を受けなくても、自分でやるべき仕事を進めることができます。「課長がいないとチームが動かない」といった非効率的な場面が減って、結果的にチーム全体のパフォーマンスもアップする仕組みができるのです。


たとえばチームのバリュー(価値観)を「お客様へのホスピタリティ(おもてなし)」と定義したとします。しかし、「お客様には丁寧に接しましょう」といったところで、部下が何をどうすればよいのかは伝わりません。そこで、「相手の目を見て傾聴する」「会話の最後に、相手の言ったことを復唱して確認をとる」「その日のうちにお礼のメールを出す」など、部下に求める行動目標を具体的に書きだし、文章化して示すことが必要になります。


チームの仕組みや環境づくりをするためには、まず「自分がつくりたいのはどんなチームか」を改めて考え、チームとしての「ミッション」と「バリュー」を整理しましょう。前者はチームとして達成すべき目標で、後者は部下に求める価値観や行動規範です。会社全体で定めたものはあっても、チームレベルでのミッションとバリューを明確に定義している課長は多くありません。


チームをマネジメントするのに「部下に対するコミュニケーション能力を磨く」という方法だけでは限界があります。それより、いちいち指示や指導をしなくても、部下が自立して行動し、各自の強みを発揮できる仕組みや環境づくりに力を注ぐ方が、結果的にはチーム全体のパフォーマンスも上がります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ