岡庭豊の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡庭豊のプロフィール

岡庭豊、おかにわ・ゆたか。日本の経営者、医学博士。医学書専門出版社メディックメディア創業者。長野県出身。昭和大学医学部卒業後、同大学医学部麻酔科教室助手を経験したのち日本大学医学部大学院(病院管理学)を修了。医学書を専門に出版するメディックメディアを創業し、大きく育てた経営者。同社の医師国家試験対策参考書『Year Note』は2万円以上する価格にもかかわらず、国家試験を受ける医学生のほとんどが使っているベストセラーとなっている。

私は自分さえいい暮らしができればいいとは思っていないのです。うちは若い社員が多いですが、30代前半でも編集長クラスには1000万円以上出しています。社員にも快適な暮らしを味わってもらうことによって、よりよい仕事をしてほしいからです。


編集者と若手医師や現役の医学生を組ませているという点です。編集者は制作の過程で随時、医学生の意見を聞き、よりわかりやすい内容に仕上げていきます。この、本作りのプロである編集者と実際のユーザーである医学生のタッグシステムが他では真似できない、弊社ならではの強みだと自負しています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】


医学生時代に、医師国家試験に合格するためにこんな参考書があればいいなという思いから作り始め、現在もユーザーの視点で作っているので、多くの読者の支持を得られているのだと思っています。経営者となった今でも、私自身が企画の段階から目を通し、現場の編集者にはもっとこうしたらわかりやすくなるんじゃないかとアドバイスしています。
【覚書き|メディックメディアのベストセラーのイヤーノートについて語った言葉】


医学だけでなく、健康や食などのジャンルにも手を広げ、快適な生活のあり方を提唱していきたい。まずは自分たちが快適な生活を送り、医師、看護師、患者、そして一般の方々へと快適な生活の輪を広げていきたいです。


もし、同じように気に入ったものがふたつあって、どちらかを選ばなくてはならないとしたら、私は値段の高い方を選びます。いいものは高いからです。そして、いいものは快適さをもたらしてくれます。ただし、私は突拍子のないものは買いません。そのときそのときに、身の丈に合ったものを買うだけです。事業もステップ・バイ・ステップで成長してきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ