山本正已の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山本正已のプロフィール

山本正已、やまもと・まさみ。日本の経営者。「富士通」社長・会長。山口出身。九州大学工学部卒業後、富士通に入社。モバイルPC事業部長、パーソナルビジネス本部長、ユビキタスプロダクトビジネスグループ長、システムプロダクトビジネスグループ長、常務、副社長などを経て社長に就任。

よく社長交代の記者会見で、「従来路線を踏襲する」と言いますが、私はそう言えなかったし、逆に変えなければならなかった。


指名委員会による社長選びのおかげで、変な気遣いは必要ない。自分が信じたものに従ってかじ取りをすることができました。


心技体すべてを鍛えないと、相手にも自分にも勝てない。


特徴がないと、世界のトッププレイヤーを相手にすることはできない。


当社が常に第一線にいることができたのは、一貫して技術力を高めてきたこと、そして常にチャレンジする精神を持ち続けてきたことだと思います。


助走期間もないし、引き継ぎもない。おまけに傍流出身。しかし、むしろ傍流だったからこそ、この難局に挑めるのではないだろうか。
【覚え書き|社長就任時を振り返っての発言】


自分自身がきちんとした技術を持っていないと、世界のトッププレイヤーは相手にしてくれません。


富士通には「富士通ウェイ」という、社員が守らなければならない憲法のようなものがあります。憲法に背いた人は、社長であろうと、誰であろうと辞任してもらいます。富士通はそのくらい世の中に対して自分を厳しく律しています。


いま社内で言っていることは、「チャレンジ&スピード」です。もともと富士通は、ともかくやってみようという会社でした。もう一度、そのDNAを呼び戻したい。


吉田松陰はとにかく行動派でした。世の中を変える先駆者として、思想だけではなくて、行動でも示しました。その行動力に、ものすごく感心、感動しています。
【覚書き|尊敬する吉田松陰について語った言葉】


これまでは、大学や研究機関、大企業などが中心となって活用されてきました。しかし今後は、SACLAなどの最先端の施設を活用できるようなしくみを作り出し、産業界全体で幅広く製品開発などに活かされるようにしていくべきでしょう。それが日本の産業に新たな活力をもたらすと期待しています。そういう意味で、SACLAも京も、日本の国力だと思っています。
【覚書き|「京」はスーパーコンピューターの名称、「SACLA」はX線自由電子レーザー施設の名称】


社長に就任して、当初の不安が次第に消えるのを感じました。初めての経験ばかりなのに、不思議と動じないのです。思い当たることがありました。私の出身部門は所帯が小さかったから、製品開発から生産、営業、アフターサービスのすべてに目を配らなければなりませんでした。常に浮かび上がる種類の異なる課題を解決しなければならない。付き合う人もさまざまで、異なるものの考え方に触れることが多かった。そのおかげで環境適応が早いのです。


周囲に惑わされることなく、培ってきたものを大事にする。サラリーマン人生で、大事なのは、正義と勇気と感性だと考えていました。


お互いに強みを持ったところが一緒になって強者連合を作っていく。そして、お互いの弱い部分を補っていく。そういう強者連合をこれからも作っていきたい。


基本的に富士通は常にお客様起点なので、極端に言うと、お客様が望まれるシステムは何でも提供します。あくまでも富士通というテクノロジーをベースにした会社の芯が一つあって、それを維持したまま、いろいろなところと組んで全てのお客様に対応するというスタンスなんです。


全部が全部、自分たちで完璧には出来ない。自分たちが出来ないものをどうやって世界のトッププレイヤーと組んで完成させていけるか、というのも大事な側面。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ