山本卓眞の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山本卓眞のプロフィール

山本卓眞、やまもと・たくま。富士通信製造(現:富士通)社長。日本の経営者。コンピュータ技術者。日本ユネスコ協会連盟会長なども務める。陸軍航空士官学校卒業後、満州で終戦。戦後は東京大学を卒業し富士通信製造に入社。ソフトウェア開発に尽力した

独創性を出すことは容易ではありませんが、経営者としてできることはひとつです。それは才能豊かな若い社員にチャンスを与え、存分に燃えてもらうことです。弊社の柱であるコンピュータ事業を立ち上げたのは、池田敏雄氏をはじめとする当時20代の若手社員でした。


どうも多くの日本企業は、1980年代(バブル経済の時代)から緩んでしまったようです。もう少しピンチにならないと、目が覚めないのではないのでしょうか。


若い社員が仕事に燃えていなければ、突出した技術や製品など生まれません。その意味で最近気になることがあります。日本人があまり働かなくなったことです。これは弊社に限った話ではないと思います。週休二日制が当たり前のようになり、国民の祝日も増えました。それこそ、米企業の社員の方が働いているのではないでしょうか。米マイクロソフトの社員は寝袋を担いで出社していると聞いています。


技術でもサービスでも、他の追随を許さない独創性を出せるかどうかが重要です。他社と同じことをやっても、結局は価格競争に陥ってしまい、利益を出せなくなるからです。


私より2歳年上の池田敏雄氏は、仕事に没頭すると何日も家にこもってしまうなどかなり変わった人でしたが、突出した能力を発揮して弊社を日本最大のコンピュータメーカーに飛躍させました。当時の経営陣は、池田氏の奇行には目をつむり、天才が持つ集中力と突破力に賭けたのです。私をはじめとする若手社員が池田氏を支えました。
【覚書き|池田氏は富士通のコンピュータ技術者で、同社のコアビジネスとなったコンピュータ事業を立ち上げた人物】


突破力を身につけるには、得意分野を掘り下げなくてはいけない。


基本的にはっきりと評価制度を確立することだと思います。評価的インセンティブ(報奨)について言えば、それは人間の自己実現欲求の基礎になるものだと思います。評価が与えられることによって、ヒトは尊厳欲求を満たすことになるからです。そのためには、仕事の達成や組織の貢献に対し、満足感が得られる状況を作ることです。


万人がいれば、万人の力をいかに生かすかを考えていかなければならないと思うのですが、それにはさまざまな仕組みが必要です。実際、独創性を発揮できるような会社にするにはどうすればいいか、これはトップが最も頭を悩ます問題と言っていいのではないでしょうか。


鼓腹撃壌の歌。十八史略にある逸話で、民衆が自由に行動すれば社会も実にうまく回る様を描いている。企業の理想もこうだ。若い人たちが勝手気ままに大きな仕事を成し遂げていくのが理想だ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ