山崎浩一(コラムニスト)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山崎浩一(コラムニスト)のプロフィール

山崎浩一、やまざき・こういち。日本のコラムニスト、雑誌編集者、文筆家、イラストレーター、評論家。神奈川県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。在学中からイラストレーター、デザイナー、編集者として出版・広告の仕事に携わる。『宝島』『POPEYE』等のサブカルチャー誌で活躍。著書に『危険な文章講座』、『書物観光』、『複眼思考の独習帳』『なぜなにキーワード図鑑』。

駆け出しでも高級品を使うことで、「道具に恥じない自分」を心がけるようになった。


「いいペンを使っている」という意識が、1本の線を引く時でも手を抜けなくする。その積み重ねが、プロとして恥ずかしくない技量と心構えを養ってくれる。文具には、そんな力が備わっていると思います。


文具は仕事の道具。成長に合わせてステップアップさせる人もいるでしょう。でも、「道具に育てられる」という面もある。「道に具(そな)える」と読むように、仕事人生をサポートしてくれる存在なんです。若い人が背伸びをして、いい文具を買うことで学ぶことは多い。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ