山口純史の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口純史のプロフィール

山口純史、やまぐち・じゅんし。日本の経営者。ルネサスエレクトロニクス会長。慶應義塾大学工学部卒業後、日本電気(NEC)に入社。NECエレクトロンデバイス企画室長、NECエレクトロニクス企画本部長、執行役員、常務などを経てNECエレクトロニクス社長に就任。その後、ルネサスとの合併でルネサスエレクトロニクス会長に就任。

リーダーシップとは、自分でこうするんだという意志力だと思っています。だから、あとはブレないことです。夢を語り、正直であり、みんなの前で逃げない。逃げないで、つらいことをどんどん決めていくのがマネジメントです。もう僕自身はすごく腹をくくれているので、全然気にしないでやっています。


僕の役割は、現場に降りていき、現場経営をやることです。僕のことを社長と呼ぶなと言っています。若い連中は僕のことを「JJ」と呼んでいるんですよ。もう呼び捨てにしています。タイトル(役職)で人を呼ぶと、もうそれだけでプレッシャーになって、社長の前でしゃべれないやつがいっぱいいます。その辺のおじさんだと思って議論せいと言っています。
【覚書き|JJとは海外勤務時につけられた山口氏のニックネーム。ジャパンもしくはジャパニーズの「J」と純史の「J」をつなげたもの】


会社の連中には、「技術の蓄積を否定するわけではないけれど、やり方を変えないと、もう生き残っていけない」という話を、いまずっとしています。


僕には簡単な原理原則があって、たとえば製品だったら強いほうに寄せ(選び)ます。これだけです。言葉はシンプルです。
【覚書き|ルネサスとの経営統合直前の発言。重複分野でどちらの会社のものを活かしていくのか閉鎖していくのかについて語った言葉】


これまでの半導体の常識といえば、要するにものすごく複雑な高機能のものをつくってやってきたわけです。ところが、グローバルにはそれはもう通用しなくなってきています。たとえば中国やインドに見られるように、安くて、量の出る市場が勃興しています。それから、半導体でも消費電力の低減や機器の融合ということが大きなテーマになってきています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ