山下俊彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

山下俊彦のプロフィール

山下俊彦、やました・としひこ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」3代目社長。大阪市立泉尾工業高等学校卒業後、松下電器傘下のランプ工場に入社。その後、関連会社の常務取締役、松下電器冷機事業部長、取締役を経て社長に就任。高卒、現場叩き上げで松下の社長になった。

悲観的に考えて、それを言ったところで解決しないから、楽観的なほうがいい。社長業は楽観的でないと精神的にも参ってしまう。


仕事を任せると、皆やりますよ。そして、それができれば、当人にとっても感激が湧きますし、自信と実力が付いてきますから。


ただ教育だけしてもダメ。経験しないと力にならない。


ツキに見放された人はいくら人格が立派でも結局アカン。


人間をつくるということは、仕事を任せるということ。


(創業者に)気配りなんかしていたら、仕事にならんですよ。


一番気を付けなければならないのは報告ですね。それも、相談するという形で報告するのが、一番大切です。


厳しい状況にあるからこそ、社内が団結し、新社長の色が出せる。花道(はなみち)論などナンセンス。
【覚書き:プラザ合意後の円高での厳しい状況下で次の社長へ交代することに対し「いま退いては社長の花道を飾れないのではないか」と問われた時の返答。自分の経歴よりも社を優先させるべきという趣旨の発言】


社員全体が満足感を得るように仕事を与えることが大切。そのためには、やはり適度に難しい仕事を与えるなり、会社としても新たな分野にチャレンジすることです。


企業というのは1つの人間集団ですから、社長ひとりがたとえどんなに非の打ちどころがないくらい働いても、それだけではダメなんです。やっぱり、社員が動いてくれないと。


リーダーというものは、部下に誇れる何かがないといけません。それがないと結局は部下の機嫌を伺うことになる。中途半端なゼネラリストは駄目です。一芸に秀でたものがあれば申しぶんないが、そういうものがなくてもあの人には我々にできない何かがあるという面が必要でしょう。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ