尾堂真一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

尾堂真一のプロフィール

尾堂真一、おどう・しんいち。日本の経営者。「日本特殊陶業」社長・会長。鹿児島県出身。専修大学商学部卒業後、日本特殊陶業に入社。海外市場販売部長、米国法人社長、本社取締役、常務取締役などを経て社長に就任。

日米の違いはいろいろあるけれども、人間の基本的な部分は同じ。


スピード感を持って新分野にチャレンジしていくことが大事。


恐れずリスクに挑む、つまりリスクテークする人でないと、少なくとも当社のリーダーにはなれません。


今のリーダーには、メッセージ力が欠かせません。海外でさまざまなリーダーをみてきて、ほんとうにそう感じました。


現実のグローバル競争の世界においては、果敢にリスクテークしていくなど、いい意味での野心が求められてきます。失敗を恐れて、「なるべく危ない橋は渡らない」という守りの姿勢では、会社の発展は望めない。


日本企業は一般的に、これまであうんの呼吸でうまく回してきたかもしれませんが、これだけグローバル化が進むと、そうはいかなくなってきます。やはり、外国人にもクリアに分かるようなかたちにしていかなければならない。


権限を委譲すれば、確実に事業のスピードが高まる。それで失敗が増えたとしても、私はスピードの速いほうがいいと考えています。そのためには、口だけで権限委譲を言うのではなく、ルール化するべきでしょう。


今後、内燃機関がなくなれば、当社の主力製品は不要になる。そうなったらもはや手遅れだ。稼いでいる今のうちに新製品を開発しなければならない。失敗してもいいから、チャレンジすることが必要だ。


期待して部長に上げたのに、なぜかパッとしなくなる人がいる。ホッと安心して、守りの姿勢に入ってしまうようです。役員も同じ。失敗するかもしれない言動は避け、安全運転に終始する。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ