小谷進の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小谷進のプロフィール

小谷進、こたに・すすむ。日本の経営者。「パイオニア」社長。鳥取県出身。明治学院大学経済学部卒業後、パイオニアに入社。モーバイルエンタテインメントカンパニー海外営業部長、パイオニア・エレクトロニクスUSA社長、パイオニア・ヨーロッパ社長、パイオニア執行役員、国際部長、常務執行役員などを経て社長に就任。

提携のときに必要なのがトップの決断です。提携先とトップ同士が話し合ってコミットメントをはっきり示す。明確な目標と戦略、それと主体のメッセージを示す。少なくともスタート時点ではトップダウンで話を進めないと他社との提携はうまくいきません。


グローバル化とIT化、異業種企業の参入でカーエレクトロニクス製品の競争相手はガラリと変わりました。そうなると今までの自前主義で時間と人とお金を掛けてやっていたのでは、とても今の開発スピードについていけない。そこで2010年に成長戦略を出した時に、「もう自前主義は捨てる」と宣言しました。大きな経営判断でしたが、それ以降、他社とのアライアンスを推し進めてきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ