小田與之彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小田與之彦のプロフィール

小田與之彦、おだ・よしひこ。日本の経営者。旅館などを展開する「加賀屋」社長。石川県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、丸紅、シェラトン・ワイキキ・リゾートホテルなどを経てコーネル大学大学院ホテル経営学部に留学。帰国後、家業の「加賀屋」に入社。副社長を経て5代目社長に就任。

一人ひとりのお客様にしっかりと喜んでいただくというのが我々の生命線。


すぐに「できません」と即答するのではなく、ご要望にお応えできるよう努力することが大切です。


東京から近ければ、いつでもお客様に来ていただける、と甘えていたかもしれません。私たちの旅館は不便なところにありますから、サービスを磨き続けるしかありませんでした。


加賀屋では女将に加えて、それぞれの客室棟ごとに、接客のグループリーダーがいます。いわばミニ女将です。彼女たちが現場をまとめ、教育係も務めてくれています。


自動搬送のシステムは、客室係がお客様へのおもてなしに集中するにはどうすればいいか、という発想から導入したものです。ロボットにできることは、ロボットに任せて省力化する。一方で、お客様と接する部分は人間にしかできません。人の温かさでもてなす、というのが我々の考え方です。


失敗から学ぶべきだ、という姿勢はいまも変わっていません。加賀屋には年間約2万5000通のアンケートが寄せられるのですが、そのすべてに目を通し、担当者が分析を行い、客室係に回覧しています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ