小沼大地の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小沼大地のプロフィール

小沼大地、こぬま・だいち。日本のNPO設立者。NPO法人クロスフィールズ代表。一橋大学社会学部卒業、一橋大学大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊に参加し、中東シリアで環境教育活動を行う。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社で人材育成領域を専門とし、各種企業の改革プロジェクトに参加。その後、NPO法人クロスフィールズを設立。企業の社員にアジア新興国で修羅場体験を積ませるという「留学」ならぬ「留職」の支援活動を行っている。

僕たちがいまの活動の先に描くビジョンは「課題先進国から、課題解決先進国へ」です。世界に先駆けてあらゆる社会課題が山積する日本ですが、必要とされるのは、課題を機会ととらえ、既存の枠組みを超えてつながりながら「ならばこうしよう」と前向きに解決していく姿勢です。


留職は、新興国の市場開拓や、グローバル人材育成につながる取り組みです。社名も日本の常識も通用しない場所に一人の人間として飛び込み、言語も文化も違う人々とともにプロジェクトを進め、結果を出す。いわば修羅場体験です。派遣先では、「本当に現地のためになるのか」という徹底したマーケットインの発想と、事業の全体を見通すような経営者としての視点が鍛えられます。いまの日本企業では、事業が社会に与えるインパクトをつかみづらいですが、途上国のNPOであれば自分の力で人々が笑顔になる実感を得やすい。留職は、仕事を通じて社会に役立つ喜びを再確認する「原体験」になるのです。


大学卒業後2年間、青年海外協力隊で中東シリアに赴任しました。帰国して、先に就職した大学の仲間と再会し、当時と同じように思いを熱く語ったんですが、そこで愕然としました。彼らの目の輝きが失われていたからです。「現実は甘くねえぞ」「早く就職して大人になれ」と。企業の枠組みや細分化された業務によって、入社時に持っていた熱や志がしぼんでしまった。なんてもったいないことだと悔しく思いました。そこで、会社員として働きながら、若手社会人が集まって胸に秘めた情熱を語り合うという暑苦しいコンセプトの勉強会を運営しました。


日立製作所でパソコンの耐久性を高める仕事をしていた方が、ラオスで太陽光を使ったランタンの普及に取り組むNGOに派遣されました。ある時、実際にランタンを使っている村に行くと、照度が最低に設定されていて薄暗い。聞けば、「これはとても大切な光なので、明るくして故障すると困るから」と。その瞬間、彼は自分のやっている「耐久性を向上させる仕事」というのは、本来、こんなふうに暮らしている人たちの助けになるためのものなんだと、気づいたそうです。彼は帰国後、「ただ品質向上を唱えていた僕は、エンジニアとして恥ずかしい。これからは、世の中の人たちにとって本当に役立つモノづくりとは何なのかを問い続けながら、挑戦していきたい」と語りました。


現実に目を向けると、自分が身を置く小さな世界で専門性を磨くうちに、ともすれば視野狭窄に陥り、本来持っていたはずのクリエイティビリティも失ってしまう人が非常に多いわけですね。僕らがやりたいのは、まずそんな人たちに理念や情熱を思い出してもらうこと。実際、途上国ですさまじいまでの熱意を持ったリーダーと仕事をすると、どんな人でもスパークします。


大学時代、青年海外協力隊でシリアに行ったときに「貧しい国を、自分の力で良くしたい」と真正面から語り、頑張っている現地の人が大勢いて、驚くやら圧倒されるやら。で、気づかされたんですよ、日本に一番足りないのは、目の前にいる人間たちが持っているような強くて熱い「想い」ではないのかと。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ