小池淳義の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小池淳義のプロフィール

小池淳義、こいけ・あつよし。日本の経営者。「サンディスク日本法人」社長。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、日立製作所に入社。半導体事業部技術開発本部プロセス技術開発部副部長、半導体グループ生産技術センタ第一生産技術部部長、生産統括本部生産技術本部本部長、トレセンティテクノロジーズ取締役生産技術本部長・社長、ルネサステクノロジ技師長などを経て、サンディスク日本法人社長に就任。

人類にはものごとを記憶したいという欲望がある。それには際限がない。


最終的なユーザーやマーケットをよく認識する必要があります。失敗するケースで多いのは、企業の論理で考えたときです。


最適な解と最適なビジネスモデルをつくることが一番大事。枠にとらわれずに新しい方向に向けて新しいモデルを構築することが大切。


市場が求める最終ゴールに向けて、時代は新しいビジネスモデルを必ず要求してくる。


いまは製品開発にものすごく速いスピードが要求される。自社の持つ技術のみを総合して何かをつくろうという発想は危険。


技術者を大事にしなければ火が消えてしまう。


従来の延長線や改善も大切ですが、一番大事なのは、今までになかったことへのチャレンジです。


いまはナンバー2は生き残れない時代。特化した分野でナンバーワンになるための戦略を描かなければならない。


我々はコスト削減が可能であることを技術革新の連続により実証してきた。


技術を開発すれば、全然違う世界をつくれるかもしれない、というのが我々のモチベーションです。


方向性を見極め、世界にないものを提供するメーカーになるのだという精神が必要。


自分なりのゴールや目標を持っていれば、何か困難があった時も、迷わずに進めます。それがあるかないかで、人生の実りに、大きな差がつくと思います。


当たり前と思っていた作業の変革にチャレンジして部署の様子ががらりと変わることがあります。枠にとらわれずにいいと思ったらどんどんやろうということです。


技術革新は技術者だけのものではありません。あらゆるところで起こる可能性があります。それは、技術関係の業務ばかりではなく、それをサポートする事務や営業関係の業務でも同じことです。


最終的なマーケットや利用者が見えにくい部分の技術に関しては、その技術の結果となる製品がもたらす社会的意義を技術者に示すことを重要視しています。そのことによって、モチベーションが喚起されます。


会社を支えてきたのは社の気風によるところが大きい。絶え間ないイノベーションが必要な会社であり、それを起こさない限り会社は継続できないという文化があります。


我々の場合、経営陣から技術者、営業部署まで24時間365日フラッシュメモリーしか考えませんから、ほかに逃げるとか、ほかの分野で補填しようなどということはありえません。逃げの戦略では勝てないと思っています。


リスク分散のために多方面への投資という考え方もあると思います。しかし、我々は人類が本当に必要としているものは何で、その解を提供することを第一義として会社を経営しています。


毎日ノートにその日の出来事と、それに対して自分が「何を感じ、どう考えたか」を書き出しています。考えを毎日記録するのは、自分にとっての「人生のゴール」をしっかりと見定めるため。ですからノートは書きっぱなしにはせず、必ず読み返します。読み返すと自分にとって「何が大切」で、そのために「どう生きたいのか」が見えてきます。


私が仕事や人生の目標を見定めて、ブレずに突き進めるのは、毎日欠かさず書くノートのおかげです。


昔は電子手帳に凝っていましたし、今もスマートフォンは最新機種を使っています。電子機器の良さはよく知っていますが、書くこと自体が脳を刺激しますし、頭の中にあることを文字の形や色で自由に表現できるノートは、発想を広げられます。考えを深めるツールとしては、ノートは最高の道具ではないでしょうか。


「Do your own job」。チームに招聘した米国人コーチの口癖だ。全体の戦略と細かな戦術を頭にたたき込んだ上で、自分のやるべきことだけに専念して取り組む。アメフトではたった1つのミスによってプレーが崩れてしまう。だから他人が気になってしまうが、自分の仕事を全うすることだけに専念せよと。そうすればチームメートに対する信頼も生まれ、チーム力も高まる。


アメフトは極めて論理的で科学的なスポーツ。相手チームの分析や戦略の構築など、試合前の準備が重要な意味を持つ。米国では「アメフトはビジネスそのもの」と言われるが、確かに企業経営に生かせる点は多い。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ