小林吟右衛門(初代)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小林吟右衛門(初代)のプロフィール

小林吟右衛門(初代)、こばやし・ぎんえもん。江戸時代の豪商。寛政10年生まれ。繊維商社「チョーギン」創業者。屋号は丁字屋(のちのチョーギン)。「丁字屋の吟右衛門」を省略して丁吟(ちょうぎん)と呼ばれた。天秤棒での網笠行商から始めて巨万の富を築いた商人。その後、代々の当主が「吟右衛門」の名を襲名した。

勤勉に加えて幸運に恵まれることも大事なこととして考えなければならない。ただし、初めから欲にかられて儲けようと思っても無駄であり、何の得にもならない。


たとえ天秤棒を担ぐ小商人であっても、自分のことばかりでなく、世の中の一員としての自覚を持つことが大切だ。不義理や迷惑をかけないように、絶えず周囲や世間の人のことを思いやり、労苦を厭わず懸命に働けば、立派に一人前の商人として認められる。やがて相当の資産を築くこともできるものである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ