小幡尚孝の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小幡尚孝のプロフィール

小幡尚孝、おばた・なおたか。日本の経営者。「三菱UFJリース」社長。宮城県出身。東京大学法学部卒業後、三菱銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)に入行。市ヶ谷支店長、営業第三部長、市場企画部長、商品開発部長、融資企画部長、企画部長、常務取締役、専務執行役員、副頭取などを経てダイヤモンドリース(のちの三菱UFJリース)社長に就任。

ぶつかってきた若手を抑え込んだのでは、モノを言わなくなってしまう。


人の上に立つ人間は常に柔軟であらねばならない。


異業種から大量の人材を中途採用したのは、それまでの純血主義を転換し、ショック療法的に行内を活性化するためでした。


改革はどこから始めるべきか。テーマを絞るため、まず行内の各部長にアンケートを実施しました。
【覚え書き|三菱銀行総合企画部時代を振り返っての発言】


伊夫伎(一雄・頭取)さんは、やるとなったらとことん体をはる仕事師で、人間的にも魅力あふれる人でした。三菱銀行は不動産投機や株の買い占めなど、バブルを助長するような業務は避ける考え方が伝統で、伊夫伎さんの経営もその軸から決してブレませんでした。私も上に立つ立場になりました。まだまだ及びませんが、社員とのかかわり合い方など「伊夫伎さんならどうするか」を常に意識しています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ