小嶺忠敏の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小嶺忠敏のプロフィール

小嶺忠敏、こみね・ただとし。日本のサッカー指導者。長崎県出身。大阪商業大学卒業後、母校の島原商業高校で商業科教諭兼サッカー部監督を務めインターハイ優勝などの実績を残す。国見高校へ移り、無名だったサッカー部を全国サッカー選手権で6度優勝に導いた。その後、国見高校教頭、校長を務めたのち定年退職。定年後は長崎県サッカー協会会長、長崎県教育委員会参与、特定非営利活動法人V・ファーレン長崎スポーツコミュニティ理事長、長崎総合科学大学情報学部情報経営学科特任務教授、長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部総監督などを務めた。長崎県民栄誉賞第一号を受賞。

日本サッカーの技術水準は間違いなく上がっています。サッカー人口の裾野が広がったことが最大の理由ですが、加えて6歳から12歳までのゴールデンエイジで、サッカーの楽しさや厳しさ、テクニックをしっかり身につけさせるという日本サッカー協会の指導が全国に行きわたったことが大きいでしょう。


技術は時間をかければ育てることができるので、身長がむちゃくちゃ高い、ものすごく足が速いといった、鍛えても身につかない能力は重要です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ