小原日登美の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小原日登美のプロフィール

小原日登美、おばら・ひとみ。日本の女子レスリング選手、五輪金メダリスト。青森県出身。中京女子大学(のちの至学館大学)卒業後、自衛隊に入隊し自衛隊体育学校に所属。レスリング世界選手権優勝8回、ロンドン五輪レスリング48キロ級金メダル獲得。

勝つために何が正しいかなんて、実際にやってみないと分からない。


レスリングを通じて人生の浮き沈みを経験し、マイナス思考も大切な自分の一部なんだと分かりました。落ち込む瞬間があるからこそ、上を向こうと思えるから。


夫に弱音を吐いた時、気持ちがすーっと楽になれたんです。「自分の心は弱い」「助けてほしい」という心の声を自分で受け入れることができた。


不安は、自分をサポートしてくれる人と、一緒に解決していこうと向き合う時間が多ければ多いほど、解消されていく。


悩み苦しみ、家族とぶつかり合った五輪までの過程は、すごくいい時間だった。人は生きている限り、自分の心の弱さと向き合っていかなければいけないのだと学んだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ