小久保裕紀の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

小久保裕紀のプロフィール

小久保裕紀、こくぼ・ひろき。日本のプロ野球選手、監督、解説者。和歌山県出身。青山学院大学大学中、バルセロナ五輪に出場。その後、ドラフト2位で福岡ダイエーホークスに入団。本塁打王、打点王などを獲得。読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークスで主将を務めた。また、野球日本代表監督、日本プロ野球選手会理事長などを務めた。

自分が何になりたいのか、どこまでの成績を残したいのか、夢に出てくるぐらいの強い願望は必須。


過去の自分に戻らないことで超前向き人間になれた。今、何をすべきかに集中できるようになった。


どう生きるかは自分の考え方ひとつ。逆境に陥った時こそ、様々な知識を得ようと謙虚になれる。それが、成長につながる大きな吸引力になる。


願望を達成するためのポイントは「達成する前に目標を変えること」。大学時代、僕はプロ野球選手になることが目標でしたが、大学2年で五輪代表に選ばれた時点で、100%プロ野球選手になれると確信した。そこで、目標を変えたんです。プロで活躍できる選手になることに。プロになることが目標だった選手は、入った途端、達成感からか成績が出ないケースが多い。でも、僕は達成するぐらいの力がついたと思った時点で、もう一段高い目標を立てる。すると、モチベーションを落とすことなく、準備を意識し、スムーズに次の目標に向かうことができます。


王(貞治)さんはいつもミーティングで金言を伝えています。でも、右から左に流れてしまう選手も多い。金言を自身の宝にできる人は、普段から問題意識を持ってアンテナを張り巡らせ、言葉の真意を探るクセがあると思う。世の中に飛び交う金言をキャッチして生かすために、本を読んで思考を磨くことをお勧めします。


巨人にトレードされてからも、チャレンジ精神を持ってレギュラー争いに臨めました。1つの球団では天狗になり、野球人生はもっと短かったかもしれない。


いまでこそ超前向き人間ですが、昔はくよくよする性格でした。でも、プロに入って早い段階で、心を支える言葉と出会うことができたんです。その後も様々な言葉の力に救われますが、それがなければ、数々の逆境を乗り越えきれず、41歳まで現役を続けられなかったかもしれない。


印象深かった王(貞治)さんの言葉は「その年の型のフォームを作るんだ」という言葉。打てなくなった時、僕は過去のベストな時のフォームに戻そうと、ビデオを何度も見直していたんです。でも、その言葉を聞いて、はっとした。対戦相手も戦略も、自分の筋肉も経験値もすべて同じ時はない。2000年なら2000年型のフォームを作らなければいけない。成功体験はそこで完了と捉え、次へ進まなければいけないんです。


自己啓発本を読む時は、「この人とはレベルが違うから、自分には無理」などと考えない。何かヒントがあると思いながら読まないと意味がありません。そのヒントは、読書ノートにまとめるなどいろいろ試しましたが、今はスマートフォンに打ち込んでおき、後から、手帳に記録したりしています。それは本の言葉だけでなく、人の言葉も同じです。


野球選手は生活スタイルが決まっているので、読書時間を時間割に組み込みました。移動バスでは100%読み、試合前の午後4時から20分間は読書時間に充て、場所もストレッチルームのマットの上と決めました。もともと活字好きなので、時間と場所さえ決めてしまえば、習慣化するのに苦労はしませんでした。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ