寺澤康介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

寺澤康介のプロフィール

寺澤康介、てらさわ・こうすけ。日本の採用コンサルタント。「ProFuture」社長、「HR総研」所長。慶應義塾大学文学部人間関係学科を卒業後、文化放送ブレーンに入社。営業部長、企画制作部長、文化放送キャリアパートナーズ常務などを経て、採用プロドットコム(のちのProFuture)を創業。

リクルートの創業者である江副浩正氏は要人とのアポをキャンセルしてでも、優秀な学生と面会する時間を優先していたそうです。真剣さを超えた狂気に近い信念が採用戦略を成功に導く。


経営者の採用活動に対する強い信念が浸透すれば、協力的な雰囲気が全社的に生まれ、トップセールスを採用担当に充てるなどの大胆な施策も断行できるでしょう。


採用活動は全社一丸となって取り組む必要があります。そのために、経営者自らが社員への協力を呼び掛けてください。各部署の代表をリクルーターとして活動させるなど、人事部以外の社員の協力が不可欠です。採用は企業の命運を左右することを伝えるのが重要です。この点を疎かにすると、会社見学の最中に社員に挨拶を無視されて学生が失望するなどの危険性もあります。


リクルーターには、仕事に前向きな社員を選びましょう。仕事の愚痴や内部情報を漏らしてしまう事例もあるため、十分トレーニングを積ませた方が良いですね。真面目な学生ほど不用意な一言を真に受けてしまいがちです。


採用活動で適切なアプローチを行うには会社に合った人材像を定義し直すことが欠かせません。応募数をとにかく増やしてから絞り込むという時代は終わりました。どんな学生が自社で活躍できるかを言語化してみてください。


採用活動で重要なのは、学生への適切なアプローチです。学内企業説明会や合同セミナーはもちろん、あまりにもニッチで事業自体の認知度が低い場合は業界勉強会の開催をお勧めします。また、就職支援会社にしかできない方法ではありますが、大学のキャリア講座を通じて学生に接触するのも1つです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ