寺尾玄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

寺尾玄のプロフィール

寺尾玄、てらお・げん。日本の経営者。「バルミューダ」社長。高校中退後、海外を放浪。帰国後、バンド活動を行う。その後、独学で設計・製造を学んだのちバルミューダを設立。

自分で責任が取れないことはやってはいけない。


自分自身の信念を曲げてまで、あるいは愛着を持てない場所で嫌な仕事をすることは、人生の浪費でしかない。自分が信じる道を進むべき。


真剣に生きた方が人生は楽しい。


生活に密着したものを作れば景気の良し悪しに左右されない。しかも、生活に必要とされるものなら高価格帯でも売ることができる。


死ぬ瞬間に最も重要なのは思い出だと思います。成功を収められなくても、自分を貫き通した人生なら満足感を得られる。


自分を偽らず、貫く。それで世の中が認めてくれないなら仕方ないと思うしかない。


私の人生観は自分の思うままに勝負していくことが最優先で、勝つか負けるかは二の次です。だから破滅も破産も怖くない。


大手の経営陣がアイデアの良さを判断して投資できるはずがない。


私の性格上、現状に満足することは決してない。夢を絶えず持って、それを追いかけていく生活を続けています。


大手家電メーカーではできていないことがある。


将来の可能性は無限なのに、どうして枠にはめられなければいけないんだ。


日本はまだ学歴社会だけれど、高校中退を後悔したことは一度もない。かえって狭い枠にとらわれなくてよかったと今でも思います。


「普通の人」は、「無理だ」とすぐ口にしてしまう。でも、それは条件付きの「無理だ」でしょう? 「特別な努力をしなければ無理だ」「画期的なアイデアを出さない限り無理だ」と、とにかく条件をつけようとする。裏返して言えば、その条件さえクリアできれば可能性が無限に広がる場合が多いのだと思います。だったら人生は短いんだから、その条件をクリアできるように、もっともっと真剣に生きるべき。


ビジネスですから曖昧な直感ではなく、理詰めの判断でした。現代は、冷房器具は各家庭の必需品ですよね。しかも地球温暖化の影響で、需要がますます高まるのは間違いない。さらに省エネやエコが高らかにうたわれる時代だから、エアコンに代われるものなら注目を集める。そう考えて、扇風機しかないという結論に至りました。


外国を放浪して精神的にたくましくなりましたよ。意外に思われるかもしれませんが、それまでは小さなことでよく悩み、勇気がなかった。そんな私が異国で野宿しながら、過ごしたわけです。「自分の力で生きていける」という自信がつきましたね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ