寺井和彦の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

寺井和彦のプロフィール

寺井和彦、てらい・かずひこ。日本の経営者。データベースソフトメーカーのデジタルデザイン社長。龍谷大学卒業後、日本初の独立系システムエンジニアリング企業のCSK(のちに住商情報システムが吸収合併しSCSKに社名変更)に入社。その後、33歳でCSKの同僚たちとともに株式会社デジタルデザインを創業。

あるとき「あなたの会社は永続性があるかどうか心配だ」と取引先に言われました。マイクロソフトの商品なら安心して買うが、永続性のない会社だと迷うというんです。
【覚書き|上場をした理由について語った言葉】


それまでは、いわば半国産のソフトを使っている状況でした。そうした中で、全部を自分たちでつくりたいという仲間が、CSKの中にできたんです。独立しても給料分の仕事はなんとでもなると思っての退職でした。怖いもの知らずだったんですね。


とくに組織づくりなど、経験でしかわからないことがたくさんあります。村井さんの経験を聞かせていただき、参考にさせていただいています。
【覚書き|株式の店頭公開後、コンパック会長村井勝氏を会長として迎えた理由について語った言葉】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ