宮本亜門の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本亜門のプロフィール

宮本亜門、みやもと・あもん。日本の演出家。東京出身。ミュージカルやオペラの演出家として日米で活躍した。『アイ・ガット・マーマン』で演出家デビュー。翌年、文化庁芸術祭賞受賞。『アイ・ガット・マーマン』を米・スタンフォードセンター・リッチフォーラム劇場で上演。ニューヨーク・オン-ブロードウェイにて、ミュージカル『太平洋序曲』 (Pacific Overtures) を東洋人初の演出家として手がける。ミュージカル『Into The Woods』の演出で朝日舞台芸術賞の秋元松代賞を受賞。『太平洋序曲』がトニー賞4部門でノミネート。『TEA: A Mirror of Soul』を米・サンタフェ・オペラで上演。神奈川芸術劇場の芸術監督に就任。

ものづくりと同じで、舞台や演劇もまだまだ進化の途上。100%の完成はあり得ませんから、今できることを精いっぱい楽しみたい。


意識しているのは、観客の皆さんに、まだ知らない世界、覚えのない感覚を少しでも味わってもらいたいということ。


常に新しいことに挑戦したいという気持ちはありますが、オリジナリティそのものを目的にすることはない。


正しい生き方なんてないのだから、固定観念に縛られないで自分という過去をつくっていくことが大事です。それができれば、いつまでも魅力的でいられるのではないでしょうか。


金融危機をはじめとするこの変動期に、これまで持っていた価値観が揺らぐことはあると思います。しかし、自分や家族にとって何が本当に幸せかという芯の部分がしっかりしていれば、嵐が吹いても持ちこたえられるはずです。


あるニューヨーカーが、アジア人の中で国籍をあてるのは難しいが、日本人だけはわかると話してくれました。理由は「日本人は目が死んでいるから」だそうです。妙に納まっている印象を受けるのですぐわかるのだそうです。


同窓会で同級生に会ったとき、一番変化を感じるのは、容姿ではなく目力です。自分の限界を勝手に見つけてしまって諦めはじめると、どこか寂しげな目になってしまいます。苦労して痛々しさを感じさせる人もいますが、苦労したときに、それを乗り越える面白いきっかけが来たのだと思えるかどうかは大切だと思います。


103歳で亡くなった料理研究家の飯田深雪さんに「どんな思いで年を重ねてこられたんですか」と、生前、お尋ねしたことがあります。答えは、「楽しくて年なんか忘れてしまったわよ」でした。僕はその言葉に深く共感しました。年齢を気にするよりも、生き生きと人生を楽しんでいる人の方が魅力的だし、目や言葉に前向きなエネルギーが溢れている。


僕は50歳ですが、年齢は単なる数字にすぎないと思っていて、あまり意識したことはありません。気持ちは常に20代のつもりで、若いころと同じドキドキ感を持ち続けたいと思っています。


どんな作品もそうですが、大切なのはやっぱりその本質。それをしっかり押さえていれば、従来にない表現方法でも、観る人には伝わるものがきっとある。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ