室伏広治の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

室伏広治のプロフィール

室伏広治、室伏アレクサンダー広治、むろふし・こうじ。日本の陸上選手(ハンマー投げ)、スポーツ科学者。父はアジアの鉄人と呼ばれたハンマー投げ選手・室伏重信。母はオリンピックやり投げルーマニア代表セラフィナ・モーリツ。静岡県出身。中京大学体育学部卒、同大学大学院で体育学の博士号を取得。父が打ち立てたハンマー投げ日本記録を更新。アテネ五輪で金メダル、ロンドン五輪で銅メダルを獲得。アジア史上初の投擲種目金メダリストになった。また東京医科歯科大学教授を務めた。

時間がない中で新しい練習方法を考えることは生きがいで、そこに楽しさがある。


ある所を超えると、そのトレーニングではその上には行けなくなるところがある。結局は自分自身が編み出す以外ない。最近は自分でつくった練習以外、効果がなくなってきた。


アスリートにも普通の仕事をしているひとにも、それぞれの人生があって、これが私の人生だという風景があると思うんです。僕にとってそれは、きらびやかなスポットライトを浴びる瞬間ではなく、穴を埋めたり、ハンマーを磨いたりする日常の作業なんです。


はじめてハンマーを投げたとき、父が「お前にはセンスがある。しっかりやる気があるのならば、日本記録は超えられる」と言ってくれました。ですから、記録を超えることに悩むよりも、超えてからが自分の競技生活で本当の勝負になるんだと思ってやってきたんです。


周りを見ながら余裕を持って取り組む。それが「集中」だと思うんです。集中というと、ひとつのものにギューっと入り込んでいく姿を考えがちですがそうじゃない。視野を広く持って、のびのびしている状態。それが理想です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ