安本隆晴の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

安本隆晴のプロフィール

安本隆晴、やすもと・たかはる。日本の公認会計士・税理士。静岡県出身。早稲田大学商学部卒業後、朝日監査法人勤務、株式会社ブレインコア取締役を経て、安本公認会計士事務所を開設。ファーストリテイリング、アスクルなどの監査役を務めた。著書に『ユニクロ監査役実録』『熱闘 株式公開』『数字で考えるとひとの10倍仕事が見えてくる』『ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書』『火事場の数字力』ほか。

意思のある者には人が集まります。まずは「この指とまれ!」と自らの手を大きく掲げる必要があります。


今の時代、やり方しだいではいくらでも知恵を発揮する場面があり、誰にだって、どんな企業にだってチャンスはあります。


失敗する経営者というのは総じて慢心しています。


常に危機感を持つことも大切です。維持するということは変化することなのです。成長するには維持すること以上に変わっていくしかない。


目指していた姿と違っていたのなら、そこからまた修正していけば良い。


潰れない会社を作るためには、事業プランを自分で考えた上で実行することです。自ら考えることで、予定と現状の違いが分かる。他人に任せていたのなら、それが分かりません。


持った夢はとにかく人に話すべきです。思ったことを話すことで批判や駄目出しを受けることもありますが、それらを一つひとつ改善していけば、目標に近づいていけるのではないでしょうか。


会社がどのような規模であってもその時点で組織図をきっちり作れば、どの機能がどの程度足りないかが分かります。


見せかけの数字に騙されないようにするためには、常に損得勘定の意識をもっておくべきです。たとえば、「この店はお客が少ないけど、どこで儲けているのか」「電車の路線が延びたら、誰が儲かるのか」などと、日ごろの生活で損得の観点から疑問をもつわけです。そうした意識をもっていれば、「この広告の数字は過剰表現では?」などと気づけるようになるはずです。


比較対象とする数字を覚えておくことで、それが判断基準となります。まずは、メーカーなら自社の製造原価や利益率、販売管理費など、身近な数字から覚えていき、次に業界の平均値などに広げていけばよいのではないでしょうか。


たとえば営業マンなら、「ノルマにプレッシャーを感じて逆に焦り、仕事が空回りする……」こんなケースもあるはず。そんなときは、お客との交渉過程を5段階に分け、「契約締結を5とすると、いま4段階まで進んでいる」などと考え、上司にもそう報告するのです。数字はビジネスのあらゆる局面で役立ちます。目標管理に数字を使うだけで、仕事に対する心の安定度が違ってきますよ。


良い事業プランは、自分の頭で考えて、考えて、考えたその結果、絞りだすものです。最終的には、考えた総量や時間に比例するものではないでしようか。「考える」とは、対象と一体になって「相手が何を望んでいるのか」を感じることです。そうすることで何かが見えてくるのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ