宇野収の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇野収のプロフィール

宇野収、宇野收、うの・おさむ。日本の経営者。「東洋紡」社長。京都出身。東京帝国大学法学部政治学科卒業後、海軍経理学校を経て海軍に入る。太平洋戦争後、大建産業を経て呉羽紡績(のちの東洋紡)に入社。ニューヨーク駐在、加工綿布課長、加工品輸出部副部長、化成品事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。そのほか、関西経済連合会会長、地方制度調査会会長などを務めた。

人生は「節」があるからいい。悩む中から何かを勉強してつかみとって行く。そこに人間的な成長もある。
【覚書き:人生の「節」を自覚せよという人生哲学について語った言葉】


天に向かって誠実ならば、人がどう思おうと自分の信念に従えばよいと佐藤一斎は言う。しかし、他人や組織に受け入れてもらえなければ、実業の世界では理想も信念も実現できない。天に向けた理想、信念、誠実を裏付けにしながらサラリーマンは大いに自分を人に示す必要がある。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ