宇田川憲一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇田川憲一のプロフィール

宇田川憲一、うだがわ・けんいち。日本の経営者。「東ソー」社長。東京工業大学工学部卒業後、東洋曹達工業(のちの東ソー)に入社。取締役、常務などを経て社長に就任。

会社人生の大半は海外関連の仕事をしてきました。グローバルな競争時代を迎え、社員はどんどん海外に出したい。日本に閉じこもっていたら仕事がなくなる。


米国人は自己主張が強く、「給料を上げてくれ」と目の前で泣き出す人もいた。日本流の奥ゆかしさや以心伝心は通用しません。「世界の常識」を肌で知ったことが、後に東南アジアでの事業を任されたときに生きました。
【覚え書き|米国子会社社長時代を振り返っての発言】


日本の常識が必ずしも通用しない厳しさを肌で知りましたが、「海外はこりごり」とは思いませんでした。資源に乏しい日本の化学メーカーが成長するには海外に打って出るしかないからです。ただカントリーリスクの怖さは骨身にしみました。海外事業を展開する際に進出先の政情や文化などを徹底して調査する姿勢は、今も大切にしています。
【覚え書き|イランからの撤退を振り返っての発言】


事務所内はエアコンが利いていて快適ですが、一歩外に出るとセ氏50度を超える灼熱の現場です。困ったのが、イラン人技術者のプライドの高さ。プラントの中枢である蒸留塔の建設現場を見に行こうと誘うと、「私の仕事はマネジメント」と見向きもしない。現場で汗と油にまみれるのは部下の仕事と思っていたのでしょう。意地になって誘い続けると、次第に足を運んでくれるようになりましたが。
【覚え書き|イランに長期出張し、技術者育成をしたときを振り返って】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ