宇佐美進典の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇佐美進典のプロフィール

宇佐美進典、うさみ・しんすけ。日本の経営者。ECサイト価格比較のECナビなどを運営するVOYAGE GROUP創業者。愛知県出身。早稲田大学商学部卒業後、トーマツコンサルティングなどを経て、アクシブドットコム(のちのECナビ、その後VOYAGE GROUPに商号変更)を創業。そのほか、サイボウズとの合弁会社cybozu.netのCEO、サイバーエージェント取締役などを務めた経営者。

自分がやっていることと将来やりたいと思っていることがつながっているように思えなかったとしても、実は見えない線でつながっている。


カリスマ性のある人のやり方はその人にしかできないので次につながりません。


王道をやっていくことが結果として早道になる。


常に我々自身が今に満足せず、新しいことに挑戦し続けていく。それが個人、事業、ひいては会社の成長にも繋がっていく。


落ち目になってから業態を変えるよりは、まだ売上も伸びていて、メンバーのやる気もあるタイミングで動き始めた方がいい。


やるからには世界を変えるようなすごいことをやろう。


ひとつのビジネスモデルで上手くいくと、次のビジネスモデルに移りにくいというジンクスがある。


変化が激しい環境というのは、難しい分、チャンスでもあります。一度失敗したとしても、新しい分野でまた「よーいドン」、と一斉に始まるわけですから。


変わり続けるプラットフォームやデバイスに対して、事業をつくり出していける組織でなければ継続して伸び続けることはできない。


売上が下がってからどうするかではなく、売上があり、スタッフのモチベーションも高いうちに変えよう。


大事にしているのは誠実さです。人、事業、取引先、ユーザー、クルー、そして自分自身に対しても誠実さを持ち続けていくこと。


無理と思えることでも、1人の熱い思いで実現し、形になっていくことがある。


どんな事業をやるにしろ、世界を変えてしまうようなすごいことをやるんだという想いで創業しました。


様々な事業を手がける中で、「流行り物が得意ではない」ことに気付いたのです。それからは、改善を重ね、根気強く事業を続けています。


みなさん、アウトソースが安いことを理由に外注されることが多いですが、そうするとノウハウがたまらない。


業績改善のために最初にコスト削減に手を付けてしまうのは、どうしても最終利益に目が行ってしまうからでしょう。しかし、本質的には事業の成長は粗利益の成長だと思うのです。だから、ここをどうしていくかというところから取り組まないといけません。トップライン(売上高)が伸びなくなってしまうと、立て直しが非常に困難になりますから。


次世代ベンチャーに伍していくには、スピード感が非常に大切になります。しかし当社の場合、事業規模が大きくなるにつれ、社内で調整という言葉がはびこり、スピードが削れつつありました。そういった背景から、この会社を徐々に事業開発会社という形に変えていきました。「事業をどんどん作っていくことが事業内容」だという考え方です。


当社は採用から成長意欲が高い人材を採ることを意識していますし、その後も成長する機会をどんどん提供しています。研修制度も本人が望めば外部のものでも受けさせますし、新規事業でも若手を抜擢しています。挑戦しやすい雰囲気づくりを心がけていきたいです。


「会社の成長とは事業の成長にあり、事業の成長とは個人の成長」だと考えています。個人が成長しなくても事業を成長させるやり方はあると思うのですが、そうはしたくありません。


結局、自分の失敗で強く記憶に残っているものは、「これが上手くいかなかった」という類ではありません。「なぜあのタイミングであの事業にもっと力を入れなかったのか」という、「やらなかった失敗」の方なんですよね。


もちろん、新規事業でも上手くいかないものもあります。でも、ある程度までは見て見ぬふりをしたり、許容します。基本的には会社が成長していれば、欠点が覆い隠され、逆に会社が停滞しはじめると、それまでの膿が一気に出てくるのです。ですから、成長のためにいかにして事業を伸ばしていくか、というところに注力したいというわけです。


事業部内で水面下でサービスを始めることも許容しました。何でもかんでも全部役員決裁が必要だと、タイムリーでいいものが生まれないと思ったからです。


当社の主力事業である価格比較サイト「ECナビ」が一度伸び悩んだ時期があります。利益も赤字ギリギリのところまで落ちたのです。自分たちの考えているトレンドとマーケットのトレンドがズレているんじゃないかと気づきました。当時はWEB2.0という言葉がスタンダードになりはじめ、GREEやはてなといった私より年下の、次世代の経営者が台頭しつつありました。そこで、私たちが気にしなくてはいけないのは上ではなく下であると思うようになったのです。


業績がよくならないとき、ついコスト削減に走りがちです。当社でも何度かやったことがあるのですが、中でも社員に一番インパクトを与えたコスト削減策は「自動販売機の有料化」でした。実際コストは月30万円程度なんですが、「ここまでするなんて本当に会社が危ないのでは」と必要以上に社員の不安をあおってしまったんです。私としては正直「こんなことで?」と思いましたが、食べ物ってダイレクトに感じてしまいますから、モチベーションに直結したようです。


昨年までは、他社と同じように就職情報サイトが採用の中心でした。しかし、サイト経由だと応募数は集まりますが、就職への熱意に欠ける学生も少なくありませんでした。大企業にはできない方法でアプローチしなければ欲しい人材は確保できません。戦争にたとえるならば、「ゲリラ戦」で挑まなければ勝てないと知りました。採用のとき、私のところには学生から質問が次々と寄せられました。シビアな質問もありましたが、可能な限り即答するようにしました。
【覚書き|ツイッター採用を開始した理由について語った言葉】


人生ではいろいろな岐路に立たされることがあると思います。でも、そこで立ち止まって悩んでいても事態は変わらない。大切なのは、とにかくやってみることです。「やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい」とよく言いますが、私の経験上、やって後悔したことはありません。何かに迷ったときは、勇気を持って前に進んでいただきたいですね。


懸賞サイトはニッチな事業であるわりに競争が激しく、いずれ頭打ちになる恐れがありました。一方、価格比較サイトはカカクコムさんの一人勝ち状態で、競合がいなかった。むしろチャンスがあるのはそちらだと判断して「ECナビ」を立ち上げ、「MyID」を統合することにしました。懸賞サイトが絶好調の時期でしたから、当然、周囲からは反対されました。でも、いい時期だからこそ、新しいことに挑戦しやすいという面もあります。それに、私はもともと「やればなんとかなる」と考えるタイプです。不安よりも期待のほうが大きかったですね。


最初はコンサルティング会社に入社してビジネスを学び、そのあとは海外留学してMBAを取得して、帰国して外資系企業で経験を積み、30歳くらいで独立できたらいいなと考えていたんです。コンサルティング会社に入るところまでは予定通りでしたが、2年後には知人が立ち上げたベンチャー企業に転職。4・5人の小さな会社でしたが、なんとか事業を回しているのを中から見ているうちに「会社を立ち上げるのって意外に簡単だな」と思うようになり、自分の会社を作りました。


早いときは朝は7時半に出社して、夜は1時から3時くらいまで会社にいます。ずっと会社の仕事だけをしているわけではなく、深夜にブログを書いたり、早めに会社を出て、仕事上のお付き合いでお酒を飲みに行くこともあります。どこまでが仕事でどこからがプライベートだという意識は、あまりないかもしれません。


昔から商売には興味がありましたが、起業を明確に意識し始めたのは学生のころです。じつは大学1年生のとき結婚しているんです。学生結婚という普通ではない道を選んだのだから、あとの人生も思い切って何でもできるような気がしたんでしょうね。普通のサラリーマンになるつもりはまったくなかったです。


昨年、次世代のテクノロジーの研究開発を行なう「ECラボナビ」を立ち上げました。従来はビジネスモデルが先にあって、それをテクノロジーが支える形でサービスが展開されてきましたが、いまやテクロノジーとサービスを同時に考えなくてはいけない時代になりつつあります。すでにラボから3つのサービスをリリースしていますが、今後も引き続きテクノロジーから入って新しいサービスを開発していきたいですね。


ツイッターには取っつきづらい面はあります。私自身、登録から1年以上は何が面白いのかがわかりませんでした。しかし、本当に価値のないサービスなのか腹落ちするまで試してみました。まずは友人や気になる著名人をどんどんフォローしてみることをお勧めします。企業活動で使おうとしても、難しく考えず気軽に始めることが使いこなすコツでしょう。


ツイッターは140字までの字数制限が読み書きのハードルを下げているようで、他のメディアに比べると、レスポンスの速さと量は圧倒的なものがあります。私のアカウントには9500人のフォロワーがいます。顧客などとダイレクトにやり取りできるのは、他にはない魅力です。


ベンチャーというのはロジックだけで押し進めていくのではなく、誰か1人の熱い夢や志や情熱があってはじめて「無理なんじゃないの?」というものが実現します。


事業が変わっても残る強みは何かと考えたときに、それは事業を創り出す、新しいことに挑戦するというカルチャーを持った人材。クルー(スタッフ)の一人一人が我々の強み。


ベンチャーというのは単にロジックだけで進めていく世界ではなく、ゼロから1をつくり、1を10にしていくクリエイティブな部分においては、誰か一人の熱い夢であったり志しであったり、情熱が必要。


物事を進めていくと課題や問題が起きてきます。なぜうまくいかないのかを表面的にさらうのではなく、本質を踏まえたうえで対応する。一見遠回りに見えますが、長い目で見るとうまくいくことが多い。


会社の中で経営理念をどう浸透させていくか。単に最上段でお題目を掲げるだけではなく、より日常の中で会社の考え方、価値観、経営理念を意識しやすい環境づくりを考えています。経営理念を体現したオフィス空間、制度の設計を心がけています。


今後のビジョンとして見据えているのは、2020年までにアドテク事業・メディア事業に次ぐ第3の柱を作り上げることです。それが今ある事業のどれになるのかはまだわかりませんが、これらの新規事業こそが当社の成長の鍵を握っています。


事業は、何をやるかも大事ですが、誰がやるか・誰とやるかが重要。想いを持った人に事業を任せ、その想いに共感したクルーが集まり、事業を創っていく。


主力事業の取引先から契約を解消された時は大変でした。しかし、それが会社の転機になったのです。「この事業に期待できないなら、新しいことに挑戦しよう!」と考え、アドテクノロジーの基盤となる事業に取り組み始めました。結果的にそれが成功。今ではアドテクが売り上げの半分以上を占めています。


ボヤージュはチームで仕事をすることに重点を置いています。そのため、普通の会社が陥りがちな、事業拡大に伴う社員増加によって組織が上手く機能しなくなる現象に見舞われにくい。


インターンシップを実施している期間というのは全体の仕事の効率としては低下します。しかし、それは些細な事です。彼らと時間をかけて話し合ったり、仕事をすることによって、我々も優れた人材を発掘することもあり、インターンにも大きな学びがある。Win-Winの関係が築けるのです。


社内でも経験を積んだクルー(社員)が独立し、新たにサービスを立ち上げることは珍しくありません。無論、経験を積んだクルーには会社に残って欲しいと思うのが普通ですが、現職に縛りつける様な真似はしたくないと私は考えています。むしろ居続けたいと思ってくれるような魅力的な社風を如何にして作り出すか試行錯誤することが大切です。


規模が大きくなった暁には、さらに成長させるところと、それ以上成長させない、もしくは事業領域としてここから先は広げないところの見極めをすることが、長く続く秘訣だと思います。


まずは自分の身の回りの人、それは上司であったり同じチームの人であったり、もしくは取引先の人であったり、人に対して信頼されるような仕事をして結果を出すことに集中すること。無駄なことなんてありません。目の前の仕事に一生懸命取り組んで、チャンスをつかみ、自分の可能性を広げていって欲しい。


ネットサービスの場合は作って終わりではなくて、むしろそこからが勝負になります。作ってからユーザーの状況、事業の戦略上の変化をスピーディーに捉えて改善することが必要です。その際、内部に担当しているエンジニアがいないと、まず見積もりからしてシステムを変えてと、どうしても実行までに時間がかかってしまう。


私の仕事は、考える際の材料だしのための質問をすることと前提条件の擦り合わせです。会社が進みたい方向を理解していないまま、担当者が見えているところだけで突き進むと、会社の目指すところからズレてしまう。


今振り返ってみると、あの時の経験がその後の企業家人生に大きく役立っているので、何がどうつながってくるか分かりません。
【覚え書き|コンサルティング会社勤務時代を振り返っての発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ