奥義光の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

奥義光のプロフィール

奥義光、おく・よしみつ。日本の経営者。「東京メトロ」社長。早稲田大学大学院修了後、帝都高速度交通営団(のちの東京メトロ)に入社。常務、副社長などを経て社長に就任。

確かに東京も人口減少に転じる。それでも東京の魅力的な場所を発信することで、一人あたりの乗車回数を増やせば、まだまだ成長の余地は大きい。


運行の現場では、昔からやっている仕事のやり方がベストではない。常に見直そうと言い聞かせてきた。


経営の自由裁量を与えてもらえば、もっとできることがある。本社では部門、社員ごとに仕事の優先順位をつけるように徹底してきた。


語弊を承知で申し上げれば、旧営団(帝都高速度交通営団)時代は「俺たちが乗せてやっている」という自信が時に過剰になっているところがあった。今では鉄道事業は「商品」、つまり「東京の案内役」であり、「鉄道ネットワークのつなぎ役」だという気持ちを社員全員が共有している。毎日扱っている商品・サービスだからこそ、自信作を出すのは当然。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ