奥島孝康の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

奥島孝康のプロフィール

奥島孝康、おくしま・たかやす。日本の法学者、教育者。早稲田大学総長。愛媛県出身。早稲田大学第一法学部卒業、早稲田大学大学院法学研究科単位取得。早稲田大学法学部助手、助教授、教授、教務部長、図書館長、法学部長などを経て総長に就任。そのほか、早稲田実業学校理事長、日本高等学校野球連盟会長、ボーイスカウト日本連盟理事長、白鴎大学学長などを務めた。

最高の人生とは、生涯、少年の心を保ち続けることにある。


物事は表面だけ見ても本当のところはわからない。


痛い目に遭いながら人生を学べ。


ユートピアは「求める」ものではなく、「創り出す」ものだ。


ユートピアは身近にある。それを感得する生き方を身につけさえすればよい。


ユートピアは誰の心の中にもある。だからこそ、人々にその想いが強ければ実現できるはずではないのか。


この人なら喜んでついて行く。あるいは、あの人となら運命を共にしてもよい、と仲間から信頼される人こそが真のリーダー。


人々に希望を与える者こそが真のリーダー。


僕自身のモットーは「志高頭低」であり、ボーイスカウトのそれは「そなえよつねに」である。自分のモットーを定めようと思ったのは、長年大学で教育・研究に携わっているうちに、自己を律するためにも、学生を指導するうえでも、その必要性を感ずるようになったためである。


主張が相手に対して説得性を持つには、相手の立場に立って考えてみる必要がある。つまり、相手の立場からしてもその主張の正当性を認めざるを得ないだけの説得性を備えなければならない。


いまの世の中は、あまりに目に見えるものばかりを要求しすぎる。しかし、本当に大切なのは、未来を担う頼もしい青少年の育成という目には見えない努力ではないか。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ