太田垣士郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

太田垣士郎のプロフィール

太田垣士郎、おおたがき・しろう。日本の経営者。「関西電力」初代社長。兵庫県出身。京都帝国大学経済学部卒業後、日本信託銀行を経て阪神急行電鉄に入社。京阪神急行電鉄社長、関西電力社長、関西経済連合会会長、電気事業連合会会長などを務めた。黒部ダム建設に尽力。

四分の危険があっても、六分の可能性があれば私はやる。


経営者が十割の自信をもって取りかかる事業、そんなものは仕事のうちには入らない。七割成功の見通しがあったら勇断をもって実行する。それでなければ本当の事業はやれるもんじゃない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ