大野龍隆の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大野龍隆のプロフィール

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

昨年、子会社や事業部といった組織の数を今までの2倍にしました。小さな単位で各部門に経営を任せることで、ベンチャー気質にあふれつつも、戦略思考を併せ持つ社員をたくさん育てるのが狙いです。私が全体を束ね、戦う企業体を作っていきます。


私は幸い、田口(弘)、三枝(匡)という類まれな経営者2人と働くことができたので、それぞれの時代の良しあしを経験しています。だから、ミスミの「第3創業期」は、2人の時代の良いとこ取りをする「組み合わせ型」にしていきたい。


「これだと、僕は怠けてしまう」。ミスミに就職してすぐ、そう感じました。金型やFA(工場自動化)機器の部品に「標準化」の概念を持ち込んで、カタログ販売するのがミスミの本業です。私が入社した時、既にミスミのビジネスモデルは確立していたので、そこで1プレーヤーを演じるのは自分に向かないと思ったんです。だから、メディカルなど本業とは全く関係のない新規事業ばかりに携わってきました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ