大竹伸一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大竹伸一のプロフィール

大竹伸一、おおたけ・しんいち。日本の経営者。NTT西日本社長。愛知県出身。京都大学工学部電気工学科卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。NTT第二部門長、NTT-ME東京社長、西日本電信電話(NTT西日本)常務取締役、副社長戦略プロジェクト推進本部長などを経て社長に就任。

社員に対して「ダイナミックであれ」と呼びかけました。狭い分野に閉じこもるような、単なるエキスパートでは通用しないということを言い添えました。もちろん、エキスパート型の人材が不要になるというわけではなく、「世の中の動きに合わせて、ダイナミックな人材になってほしい」ということです。


我々のミッションとは、人と人とのコミュニケーションを媒介するということです。平たくいえば、人と人とをつなぐことです。


いま日本の企業は当然のように公共心のもとで事業活動を進めていますが、そんな中でも、インフラ企業であるNTTグループの社員は、とりわけ強く公共的な使命(ミッション)を意識しながら行動しなければなりません。このことを大切にしなければいけないと思っています。


チャレンジ精神とは、言葉をかえれば、世の中のあらゆる事象に興味を持つということです。ひとつの工程を手掛けていても、最近は川上や川下の工程すべてに関わるような仕事が増えています。すると、与えられたパーツだけを突き詰めていくのではなく、全体に目配りした仕事ぶりが必要になります。逆に全体を見ることができなければ、それ以上の成長は望めません。


いつの時代にも変わらず必要であるのがチャレンジ精神です。自分の中にひとつの疑問が浮かんだら、一種類の解釈、一種類の回答によって素直に納得するのではなく、さらに重ねて、4度でも5度でも「なぜなんだ?」「なぜなんだ?」と問い続けることが大事です。


平穏な時代であれば、従来の商品・サービスの改良や改善を進めることが優先され、そつなくそれに取り組める人が有用な人材でした。しかしいまは、改良改善では済みません。変化を恐れず、ダイナミックに発想し行動してもらいたいのです。


いまのような転換期にあっては、従来の発想にとらわれるのではなく、自由にどんどんクリエイティブな考えを発揮してもらいたい。それができる人材を、私はダイナミックな人材と呼んでいます。


市場の転換期で必要とされる人材に求められる資質は、「ダイナミックであること」「チャレンジ精神が旺盛であること」「ミッションを大事にすること」の3つです。


我々はいま、転換点に立っています。今後は新しい領域に切り込んでいかないと、NTT西日本といえども十分な利益を確保することができません。必然的に仕事のやり方も変わってくるでしょう。


私たちは新人だけではなく中堅層や管理職層などを対象に、きめ細かな年代別の研修制度を取り入れています。とくに重視しているのが、モチベーションの下がりがちなベテラン層の啓発です。定年までの10年、15年を気概十分に働いてもらいます。トップランナーたちを鍛えることは必要ですが、こうした底上げも大事であると感じています。


かつてなら、必要とされたのはエキスパート人材でした。10年前の変革期にはアナログからデジタルへ、銅線から光ファイバーへと、技術基盤が大きく変化しました。その新しい技術に通暁したエキスパートが重要でした。ところが今回の変革期では、先端の技術は必要であっても、さらにその上に新しいサービスが乗って初めて形になります。エキスパートであるというだけでは、仕事を十分に牽引できない恐れがあります。したがって、ダイナミックであることが大事になります。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ