大田正文の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大田正文のプロフィール

大田正文、おおた・まさふみ。日本の勉強会主催者。広島県出身。結婚を機に夫婦で上京し大手IT企業に勤務。休日を充実させるために勉強会に参加しはじめる。その後、「日本経済新聞を読む朝食会」「フェイスブック朝食会」「世の中のひみつ体験交流会」ほか多数の勉強会や交流会を企画・運営した。休日を充実させる活動「休活」を提唱している。著書に『人生を変えたければ休活をしよう!』ほか。

どんな場でも、自分自身が話すのではなく、相手の話を聞く。これが、人脈づくりのために私が実践し、最も効果があると感じている行動です。


勉強会などプライベートな場でできる人脈は一生モノ。


初対面では仕事に紐づかない、利害関係のない趣味の集まりだからこそ仲良くなれ、人間関係が築かれるからこそ、話せることもあるのです。


勉強会やセミナーなど、リアルな出会いの場で築いた人脈は、あなたの財産になるものです。自分だけの宝物を育てていくような意識で、無理せず長い目で付き合っていくことが、人脈をつくるコツだと思います。


初めて勉強会やセミナーに参加する人の中には、会に期待しすぎる人もいるようです。しかし、人や物事との劇的な出会いは、そう簡単にあるものではありません。かといってすぐに諦めてしまうのは早計というものでしょう。これだという勉強会やセミナーを見つけたら、最低でも1年は参加を続けてみることをお勧めします。


見返りを求めずに自分の持っているものを与え続けると、それを受け取った相手からだけでなく、それを見ている第三者からも信用してもらえます。そうした信用の積み重ねこそが人脈です。たくさんの人たちからの信頼があれば、会社員の立場でも会社の肩書に頼らず、個人の名前で活動できるようになります。私が自分の著書を出版できたのも、まさに人脈のおかげです。


勉強会やセミナーといったコミュニティには、大きく分けて3種類の人がいます。「Giver(情報や機会を与える人)」「Taker(受け取る人)」「Stealer(盗む人)」です。最初は情報や人脈を求めるTakerで構いません。しかし、いずれは自分も与える人・Giverになろうと心がけておく方が、より得るものが多いと私は実感しています。


勉強会を選ぶときは、勉強のテーマだけでなくネットなどで主催者の発信しているメッセージを必ずチェックするようにしましょう。誠意ある主催者は、異性との出会い目的での参加や、ネットワークビジネスや宗教への勧誘を禁じているものです。ネットにアップされている会の様子を過去3回分ほどチェックすれば、どのような雰囲気の会かもわかります。


勉強会やセミナーを選ぶとき、まずはあなたが一番興味のある会を選ぶべきです。よくありがちなのは義務感から勉強会に参加するというスタンスです。たとえば、ビジネスマンの中には「会社の数字の知識を知っておいた方がいいのでは」と会計の勉強会などに参加する人もいると思うのですが、そうした動機だけでは、意欲を保つのがなかなか難しくなります。勉強熱心な姿勢は大切ですが、自分がまったく興味がなかったり実務で不要な会に参加しても、挫折する可能性が高いのです。勉強会に慣れる意味でも、とくにはじめのうちは、自分の好きなこと、興味を抱いていることから始めるのがいいでしょう。


従来から人脈をつくる出会いの場として異業種交流会がありましたが、主催の趣旨や会の事前情報がつかみづらく、ただ名刺を交換するだけの場になっているケースも少なくありません。その点、勉強会やセミナーは自分が何を学びたいかという目的によって参加する、また、同じ目的を持った人が集まるため気が合う人と出会える確率が高いといえます。共通の目的や趣味を持つ友人が欲しいと考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。


ここ数年、勉強会やセミナーに参加して人脈を広げる方法が注目されています。普段の仕事では会うことができない人と出会って、知人や友人を増やす。その結果、自宅と会社以外の第三の場所をつくることにつながり、生活全体が充実したという声も多数耳にしています。


今は仕事で知り合う人が多くても、20年以上続く関係か考えてみたとき、多くは仕事を辞めたら切れてしまうと思います。勉強会などの趣味の集まりに参加して、仕事を離れた場でつながれる人脈を作っておくこと。これこそが、40代でやるべき人脈作りだと思います。


私の座右の銘のひとつは、「知恵とは、本当は自分が話をしたかったのに、じっと相手の話に耳を傾けてきた人生の報酬だ」です。「聞く」ことで、心の引き出しの幅、深みが増し、人間的魅力が増します。


人は皆、「話したい」生き物ですから、自分の話を聞いてくれた相手に好感を持ちます。だからこそ、あなたが世の中に圧倒的に不足している「聞き手」になれば、結果として人脈を広げることができる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ