大澤成行の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大澤成行のプロフィール

大澤成行、おおさわ・しげゆき。日本の経営者。株式会社トミオ社長、株式会社ユナイテッドホームズインターナショナル社長。大阪出身、千葉育ち。同志社大学経済学部卒業後、アメリカに留学。ニューヨーク大学ESLで学びながら全米の住宅環境を視察して回る。帰国後、株式会社トミオに入社し建築実務を学ぶ。その後、トミオの社長に就任。また、ユナイテッドホームズインターナショナルを設立し社長に就任。主な著書に『インターネットでつくるヒューマンハウス』など。

顧客のためになると信じたら即実行します。金銭がかさむことなら限度額以内。それ以外なら上に諮(はか)る必要はありません。


たとえいまは成果をあげていない人でも、会社は耐え忍んで彼らを育てていかなければなりません。


誰もが二の足を踏むクレーム処理こそ、上の者が率先してやるべきです。


一時期、クレーム処理を現場担当者に任せきりにしていたため、店長をはじめ上役に対する信頼度が低下していました。またそれが、現場担当者のモチベーション低下の原因にもなっていたのです。
【覚書き|顧客からのクレームが発生したら30分以内に社長もしくは店長、部課長以上の管理職が顧客先に出向く仕組みを取り入れた経緯について語った言葉】


いまは社員が育ち、その結果、会社が大きくなっていくことが、本当に楽しみに思えます。ゆくゆくは成長した部下たちに関連会社の社長になってもらい、グループ全体を成長させてもらいたい。それが私の夢です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ