大泉洋の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大泉洋のプロフィール

大泉洋、おおいずみ・よう。日本の俳優、タレント、声優。北海道出身。北海学園大学経済学部経済学科在学中、演劇研究会に所属。友人たちとTEAM NACSを結成。その後、複数の劇団で活動したのち、北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に出演し芸能活動を開始。『水曜どうでしょう』出演で一気に人気に火がつき全国区のタレントとなる。北海道を拠点にしながら全国ネットのドラマ出演や、アニメ映画の声優などで幅広く活躍した。主な受賞に、ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 新人俳優賞・助演男優賞、日本フォーマル協会 第9回ベストフォーマリスト賞受賞、日本アカデミー賞 優秀主演男優賞ほか。

『水曜どうでしょう』はあくまでマイナーといえばマイナーで、観たい人が観る番組なんです。でも、そこに嘘がないから笑える。視聴率を取るために策を講じるということがあまりなくて、面白いと思うことをストレートにやっていたから、結果的に視聴率がとれていたのです。


ローカル番組では「何が起きるかわからなくても、とりあえずやってみよう」という、東京のモノづくりではあり得ないつくり方ができるんです。東京では予算も大きいですし、確実に視聴率を取らなきゃいけないというつらさがあって、それだけに台本がしっかりあるんです。「こうなってこうなるから、面白い」というところが最後まで見えていないと企画が成立しない。北海道だとそこまで予算がないし、スタッフも少ないから、僕ら出演者にかかっている部分が大きい。そのぶん、やりがいがあるんです。


最近のバラエティを観ていると、どれも似た番組になってしまっていると感じることが時々あります。テレビを観る層が限られていて、その層に向けた番組だけにとらわれてしまっているような気がするんです。


誰しも自分が生まれた場所への誇りは持っていると思いますが、僕はそれが人一倍強くて押しつけがましいほどなんです。ただ、北海道の仕事を続けているのは、地元愛というより、単純に面白いからですね。
【覚書き|北海道を拠点に仕事を続けていることについて語った言葉】


以前は、東京でいろんな仕事をして、そのやり方を北海道でも活かしたいと思ったりしていたんですが、最近ではローカルのつくり方も、それはそれで面白いと思うようになりました。


僕はトレンディドラマを観てきた世代ですし、ドラマをつくることへの夢や憧れをずっと持っています。仕事から家に帰ってきて何気なくテレビをつけたときに楽しめるような、上質なエンタテインメントとなり得るドラマに関わっていけたら嬉しいですね。


何年か前に北海道でドラマを撮ったこともあるのですが、それをもし東京でやっていたら、いろんな制約があったと思うんです。ローカルだったら制約は少なく「必要ないものはいらない」で済みます。もちろん予算は桁が1個違うくらい少ないんだけど、でもその分時間をかけて、何度となくロケハンをして丁寧につくっていける。お金はなくても贅沢につくれるんです。東京ではなかなかそんなふうにつくれないですよ。出演者のスケジュール調整だけでも一苦労で、監督がロケハンに充分な時間をかけられず進んでいくこともあります。もっと、時間に追われることなくより良いものをつくれるようになればいいのに、と思います。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ