大島武(学者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大島武(学者)のプロフィール

大島武、おおしま・たけし。日本の学者。東京工業大学准教授。神奈川県出身。一橋大学社会学部卒業後、ロンドン大学インペリアル校経営大学でMBAを取得。NTT勤務などを経て、東京工芸大学准教授。主な研究領域はビジネス実務に関する調査研究や、学校での授業改善に関する研究。主な著書に『プレゼン力が授業を変える!』『プレゼンテーション・マインド「相手の聞きたいこと」を話せ!』など。

ミスをしたときとにかく大事なのは「納期遅れになりそうです。まことに申し訳ありません」と相手が怒るより先に謝ることです。先方の担当者は納期が遅れることを上司に報告した時点で、雷を落とされ大きな痛みを感じるでしょう。それより前に、担当者に実害が出ていないときに丁重に謝っておく。先手必勝です。


相手が知らないことを説明するというのは当の本人にとっては悪い気がしないどころか、多少優越感も生じますから、得意になって教えてくれるでしょう。教えを請うて気持ちよくさせ、丁寧にお礼を言えば、そこからまた新たなコミュニケーションも生まれるかもしれません。


講演会などで会場から質問が出ますよね。講師が質問の内容を完全に理解できず、お茶を濁すような回答をした場合も、会場全体に講師がごまかしたという事実が何となく伝わるものです。話の腰を折らない程度に「その言葉はどんな意味でしょうか」と相手に確認したほうがいい。


パズルを全部自分で完成させるのではなく、相手に最後のピースを入れさせる。そういう心遣いができる人ほどお客様に好かれ、また会って仕事がしたいなあと思ってもらえるはずです。


人間誰しも、他人のペースであまりに順調に物事が進むと心理的な抵抗を覚えるもの。これをリアクタンス効果といいます。できる営業マンほど口下手だというのはよく言われることです。顧客に向かってプレゼンするときも、一か所くらい話に穴があって相手に指摘され「すいません。うっかりしていました」くらいの方が、可愛げがあっていいのではないでしょうか。


会話で相手に聞くばかりでは駄目で、自分はこんな人間なんですよという自己開示も大切です。イギリスの心理学者、アーガイルが唱えた親和葛藤理論によれば、人間にはその人と親しくしたい、近づきたいという気持ちと、その逆に疎遠なままでいたい、近づきたくないという気持ちの両方がある。近すぎない、遠すぎない、ほどよい距離が大切なのです。そのために必要なのが、相手への質問と自己開示のバランスなのです。


テレビドラマでもよくありますが、ハードに痛めつけて容疑者に自供させる警官と、カツ丼を食べさせながら「お前もつらかったんだろうな」と情をかけてくれる警官、二人で攻めると落ちる容疑者が現実に多いんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ