大山泰弘の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大山泰弘のプロフィール

大山泰弘、おおやま・やすひろ。日本の経営者。チョークなどを製造する文房具メーカー「日本理化学工業」社長。東京出身。中央大学卒業後、父が創業した日本理化学工業に入社。同社社長を務めた。また、知的障害者の雇用に力を入れ、日本初の知的障害者多数雇用モデル工場を建設した。

人のために動けば、必ず回りまわって戻ってくる。


週に1回の失敗が2週間に1回になれば成長したということです。5年もすれば失敗しなくなります。


健常者と障害者を同じ物差しで測るのではなく、その人が社会の役に立つことができるよう周囲が応援すればいいのです。当社では、たくさんの障害者の方を雇用しています。現場では、仕事を教えるのではなく、その人の能力に合わせた工程を考えています。安心して仕事ができる環境を整えることで、彼らは、一生懸命に働きます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ