大山のぶ代の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

大山のぶ代のプロフィール

大山のぶ代、おおやま・のぶよ。日本の女優、声優。東京出身。都立三田高校在学中、15歳で劇団俳優座養成所に入学。20歳でNHKドラマ『この鐘』で俳優デビュー。43歳のときに『ドラえもん』役に選ばれ、以後26年間同キャラクターを演じた。アニメーションだけでなく、映画・バラエティ番組などにも多数出演。そのほか、人気刑事ドラマ『太陽にほえろ』の脚本執筆(5本)、料理研究家(著書『大山のぶ代のおもしろ酒肴』は100万部を超えるベストセラー)など多彩な活動をした。

やりたいことを我慢しないことが、より密度の濃い人生を送るためには必要だと思うのです。


多くのことを手がければ、嫌でも要領がよくなりますし、そのおかげでかえって本業の成果があがったりするものです。


脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ